1月28日 ー認知症問題も、今後は府政の重要課題ー

20日は、桃山台駅で、五十川市議予定候補と共に早朝駅頭宣伝。その後午前中は、日本共産党第三回中央委員会総会の報告をPCで見ました。午後からは、千里阪急ホテルで行われた私立幼稚園PTA連合会総会の新年懇親会に出席。同じ席になったお母さんが、初対面なのに私の事を知ってくれていました。ご主人が豊中市立第十五中学校出身、ということで、ご主人の在学時代に私はまだ十五中に赴任してはいなかったのですが、私を応援してくれていたそうです。有り難い話です。懇親会終了後は、岡町で行われた大阪労連豊中地区協議会の新春旗びらきに出席しました。

21日は、午前から午後にかけて3月1日に行われる「あらい真を励ます会」の案内を持ってまわり、その後は市議団控え室に行って仕事をしました。

22日は、午前中は団会議。午後からはあらい真ほっとレポートの原稿書きをし、夕方は曽根駅で山本正美市議と共に駅頭宣伝を行いました。

23日は、少路駅で山本いっとく市議と早朝駅頭宣伝。その後午前中は、浅野弘樹元大阪府議とともに支持者に挨拶まわりをしました。午後からは、千里地域を街頭宣伝した後、夕方から赤旗記者の取材を受けました。記者からは「私は議員です、という感じの方が結構いてはけど、あらいさんはお話しするととてもしゃべりやすい。それから、幅広く色々なことをよく知ってはりますね」と言ってもらえました。

24日は、午前中はいつきブロックの後援会員と支持者宅を訪問。午後からは堀田事務所で「池田北高校廃校問題」で関係者の方々と懇談。その後は、五十川和洋市議予定候補と街頭宣伝を行いました。終了後は、府会選対事務局会議に出席。終了後は、庄内で教え子のお母さんが開いている店で、教え子3人と飲みました。

25日は、千里・緑丘・上新田地域の新年会に出席(写真)。その後、五十川ブロックの新年会に出席しました。新年会では「写真より実物の方がいいわ」「話したらより印象が良くなった」と言っていただき、大変光栄でした。その後は、「あらい真を励ます会」の案内をもって千里地域をまわりました。

 

2015年新年会

26日の午前中は、庄内地域の後援会の方と支持者宅を訪問。午後からも、庄内地域の支持者宅を訪問しました。夕方からは、府・市の候補者会議に出席しました。

27日は、曽根駅での早朝駅頭宣伝に出席。終了後は団会議に参加。午後からは、いつきブロックの後援会の方と支持者宅を訪問。その後は、五十川市議と地域を訪問。そこでも、十五中時代の直接の教え子ではありませんが、子どもが十五中卒業生ということで私を知っている、と言っていただける方がいました。嬉しいですね。

さて、この間、2人の教え子から相談がありました。1人は教え子のおじさん、もう1人は教え子のお父さん。どちらも、脳梗塞やアルツハイマーで介護が必要となってケースで、今後の事についての相談でした。
昨年の春には、私の高校時代の友人のお母さんの介護のことで相談がありました。
介護保険制度があって、介護そのものについては一定ケアーできる体制がありますが、それぞれのケースによってどのようなサービスが使えるのか、ということになるとほとんど知られていません。また、経済的に厳しい場合、介護費用はどうすればいいか、などについては一般の市民にはなかなかわからない問題のようです。

政府が認知症対策に今後力を入れていくことが報道されていましたが、今後、認知症患者を抱えた家族をしっかりと支えていくためには、支援制度の充実とその周知徹底、そして経済的援助、この二つが大きな課題となっていきます。府政としても、しっかり取り組まなければならない最重要課題です。