10月15日  学力テストはやはり、百害あって一利なしー沖縄県の例より考えるー

13日の午前中は、山本いっとく市議のブロック学習決起集会に出席。大阪都構想のデタラメさやカジノの実態をお話ししながら、私の公約について訴えました。

14日は、庄内駅西口で早朝駅頭宣伝をした後、午前中は市議団控え室で次回のあらい真ニュースの原稿作成をしました。 午後からは、いそがわ和洋市議予定候補とともに街頭宣伝を行いました。

15日は、山本いっとく市議と柴原駅で早朝駅頭宣伝を行い、その後午前中は松下ブロックの後援会員と庄内地域を訪問しました。 午後からは、松下三吾市議、山本正美市議と、それぞれ地域の後援会員宅に挨拶にまわりました。

さて、昨日学力テストについての記事が、大阪教職員組合の機関紙に出ていました。この記事を読んで、改めて全国学力テストは「百害あって一利なし」だと思いました。

この数年、成績上位の常連県と成績が低迷している県の全国的な構造はほとんど変わっていません。 そして一部で入れ替わっているのは、成績が悪いと批判され、日常の教育活動を大きくゆがめて異常なテスト対策を取った県が急上昇しているだけです。

今回躍進した沖縄県は、月1回行われる県独自の統一テストを中心にすえて、日常の授業をテスト対策へ組み直し、学芸会を2年に1度など、行事活動や部活動も減らし、過去問を活用した補習や宿題を徹底しました。そして1月~3月はテスト対策の強化期間として行事を入れず、朝補習や春休みの中の補習も行っています。さらにテスト直前の4月にはテスト教科を中心に、特別の対策時間割を組み、家庭訪問も夏休みに移し、対策付けにして当日にのぞみました。

しかし、子ども達にくり返し過去問題練習やドリルなどテスト対策をさせて、点数が一時的に上がっても、それで子ども達の学力が上がったとか、勉強ができなかった子どもが出来るようになったとは、到底言えません。対策によって、子ども達がテスト慣れし、解答の仕方を覚えたということだけです。

また、対策競争によってつくり出された結果では、学力調査としては全く役に立たず、実際の実態はわかりにくくなるばかりです。

沖縄県の例からも明らかなように、学力テストは学校現場をテスト対策でふりまわし、子ども達に豊かな学力を保障するという教育本来の目的からは大きく外れていくものとなっているのは明らかと言えます。

10月12日 ー少子高齢化社会は自民党的政治の終焉を求めているー

8日は早朝駅頭宣伝を服部駅で行った後、午前中は松下ブロックの島江地域を後援会の方と一緒に訪問。午後からは、五十川前市議と熊野町地域を訪問した後、曽根地域を地域後援会の方といっしょに訪問しました。

9日は終日団会議に出席し、来週から行われる決算委員会で各議員が取り上げる質問について検討しました。

10日は蛍池で早朝駅頭宣伝をし、午前中は出口ブロックの服部地域を後援会の方とまわりました。午後からも出口ブロックの上津島を後援会の方とまわりました。
訪問後は候補者会議に出席しました。

11日は、午前中は地域の行事に参加し、午後からは労働組合の総会に来賓として出席し、その後は五十川ブロックの学習決起集会に参加して、府議選に向けての公約などを中心にお話をしました。終了後は、山本いっとくブロックの永楽荘地域を後援会の方と訪問しました。

12日は、朝7時より新千里北町の公民分館主催の運動会に参加しました(写真)。

IMG_0799

 

この運動会では毎年招集係の責任者をしており、今年も終日参加しました。今年は、合間をぬって他地域で行われている公民分館主催の運動会にも参加しようと思っていましたが、台風が近い付いて予定がどうなるか流動的でややこしかったので、今年も終日北町にはりついていました。
風が強くて、テントの数を最小限にしたり万国旗を張るのをやめたり、と多少の変更はありましたが、天気はなんとかもってくれたので競技は全て予定通りに実施できました。

さて、10日にあるご家庭を訪問したときのことです。「息子が、俺らは年金もらえるかどうかわからん。将来どうなるか展望がない、と言っている」というお話がありました。

確かに、今、非正規雇用がどんどんと増え、若者が展望の持ちにくい社会になっています。しかし、日本は少子高齢化という大きな課題に直面しています。少子化を克服できなければ日本はどんどんと人口が減っていき、2050年には1億人を割り、2082年には約6000万人となってしまいます。

人口減少問題を克服するには道は二つです。一つは子どもが増えること。もう一つは移民をどんどんと日本に呼び込むこと。

前者が現実となるためには、若者が家庭を持つことができ、将来に展望を持てるようにならなければなりません。しかし、今のような弱肉強食の自民党政治を続けていたのでは絶対に不可能なことで、ここに自民党政治の終焉が歴史的運命であることを見て取ることができます。

もう一つの移民を増やす政策はどうでしょう。おそらく財界と保守政治家は、自らの失政を覆い隠して国民の目をごまかすためにこの道をとろうとするでしょう。そして、日本国内に日本人以上の安い労働者を増やし、日本国民と外国労働者を競争させて、よりや安い労働力を得るとともに、国内市場を確保しようとするでしょう。

しかし一方で、外国人を大量に受け入れていくには、外国人労働者に対する対等平等意識、つまり民主主義的な国民感覚がより高まっていかなければ、難しい課題でもあります。
つまり、移民を受け入れていこうと思えば、国民の民主主義的な意識を高めなければならず、その結果として政治に対する意識も高まっていくことにつながっていきます。

このように人口減少問題の克服は、今の弱肉強食の経済政策で若者を貧困化し、排外主義的な外交政策をとる自民党政治では不可能なのであり、ここに政治革新の展望も大いにあると言えるでしょう。

10月7日 ー若者が安心して学べる奨学金制度に!-

10月6日は、午前中に市職員から決算委員会に向けての聞き取り調査を行い、午後からは市議団控え室で仕事をしました。

7日は、曽根駅で早朝駅頭宣伝を行い午前中は市役所で仕事をし、午後からは幸村市議予定候補とともに街頭宣伝に出ました。
また、街頭宣伝修了後は、12日に行われる地域の運動会の準備作業を行いました。

さて7日に日本共産党は、「学生が安心して使える奨学金に」という政策を発表しました。

奨学金会見
「奨学金返済に行き詰まり自己破産」「夫婦で奨学金を返済中。子どもをあきらめた」など、本来は若者の夢と希望を後押しすべき奨学金が、若者の人生を狂わせる正反対の結果をもたらす深刻な事態が起こっています。

奨学金は1998年から2014年の間に、貸与額で4.9倍、貸与人数で3.7倍に急速に拡大し、今や大学生の2人に1人が奨学金を借りています。
そして、1984年に「無利子奨学金の補完措置」として導入された有利子奨学金は、当初貸与額の5%だったのが、2014年には75%と補完どころか主流となってしまっています。

一方、今奨学金を借りる平均的なケースで、入学金50万円+月々5万円を4年間=300万円程度ですが(中には大学院進学で1000万円程度も)、卒業しも正規雇用につけず収入が不安定で低所得の若者が多いため、奨学金を借りた既卒者の8人に1人が滞納や返済猶予になっています。

これに対して、奨学金事業を実施している日本学生支援機構は、返済期日から一日でも遅れると5%の延滞金利息を上乗せし、3ヶ月滞納が続けば金融の「ブラックリスト」に載せるという厳しい取り立てを行い、年間6000件もの裁判を起こしています。
日本共産党は、消費者金融まがいの厳しい取り立てを行っている学生支援機構の対応を国会で厳しく追及するとともに、給付奨学金の創設を強く訴えました。

大学の学費がいる先進国で、返済不要の給付奨学金がないのは日本だけです。アメリカでは平均約40万円の給付奨学金を全学生の3分の1以上が受給しています。

日本共産党は、今回の政策提言で、①学生の有利子奨学金を無利子に切り替える、②奨学金返済方法については、減免制度をつくり生活が困窮する場合の救済措置を講ずる、貸与奨学金を所得に応じた返済制度にする、③給付奨学金を直ちに創設する、などを提案しています。

若者が、安心して、未来に展望を持って学べるようにしていくことは、少子化を克服していく上でもどうして必要です。

10月5日 ーカジノはやっぱり、百害あって一利なしー (2014.10.05)

昨日の午前中は、翌日に開かれる地域運動会の準備を手伝った後、地元小学校の運動会に来賓として出席しました。子どもたちの元気ではつらつとした笑顔に元気をもらいました。

午後からは、大阪弁護士会主催の「カジノ解禁推進法案の成立阻止に向けて」と題するシンポジュウム(下写真)に参加しました。

カジノシンポ

この日のシンポジュウムでは、弁護士、大学教授、司法書士など4名の方がお話されました。
私は,「日本にはすでに500万人を超えるギャンブル依存症者がいると推定され、カジノ=賭博はさらなる依存症者を間違いなく増やしていくことになること。また、カジノは暴力団関係者の新たな資金源となっていく可能性が非常に高い。従って、カジノは日本に、ましてや大阪には絶対につくらせてはならない」と考えていましたが、4名の方々のお話を聞いて、次のことがさらによくわかりました。

①大阪は、万博跡地へのレジャー施設の建設、梅田・みなみ・阿倍野地区の開発、など開発が     飽和状態であり、カジノを含むIRが儲かるためには、今以上に近隣商業圏から人を奪うことが必要であり、結局、関西全体としては経済的にプラスにならない。

②カジノを含むIRは、カジノで儲けた金でレストランやホテルを非常に安くして客を呼び込むので、地域の商業が衰退する。アメリカでは、IRができた地域では地域経済が崩壊し、そしてIRもやがてつぶれて撤退する事態になっている。

③韓国で唯一韓国民が入場できる江原ランド周辺では、質屋や貸金業が軒並み立ち並び、地域の生活環境が悪化している。

④カジノ推進派が、「カジノ成功例」としてあげるシンガポールでは、国民総背番号制が実施され、誰が何回カジノに行ったか、国が情報をつかんでカジノ入場を制限している。しかし、依存症になっている人は近隣国のカジノに行っている。

カジノは賭博です。賭博が大手を振って行われ、多くの人がそれにはまっていけば、日本の国は崩壊します。 カジノはいらん! この声をもっともっと大きくしていきましょう!

4日の夜は、地域の分館の会議に出席しました。
5日の今日は、地域の運動会に参加しました。

10月3日 ー多くの国民は、非軍事的な方法で日本の平和を守っていくことを望んでいるー (2014.10.03)

今日は千里中央で、幸村市議予定候補と共に早朝駅頭宣伝を行いました。 その後、地域の選挙対策会議に出席。午後からは市議団主催の予算要望懇談会に出席しました。

さて、今日の赤旗新聞に山下書記局長が2日に行った代表質問の内容が掲載されていました。
その中では、共同通信が8月2日、3日で行った世論調査で、集団的自衛権行使容認に反対の国民が、20代、30代では7割に達している事が紹介されていました。

また、NHKが7月に実施した「平和観についての世論調査」では、「日本の平和を守っていくために、今最も重視すべきことは何か」との問いに、「武力に頼らない外交」が53.4%、「民間レベルでの経済的・文化的交流」が26.0%であったのに対し、「武力を背景にした抑止力」はわずか9.4%だったそうです。

さらに、「日本の平和を守るために、世界に対して日本の立場をどのようにアピールしていくことが大切か」との問いには、「戦争放棄を掲げていることを世界に訴える」が27.0%、「経済などの交流によって、世界の国々との関係を強化する」が26.8%だったのに対し、「自衛のための防衛力を強化する」は12.5%にすぎないかった、とのことです。

はやり多くの国民は、非軍事的な方法で日本の平和を守っていくことを望んでいること、特に若い人達にそう考えている人が多いこと、ということがわかり大変勇気づけられました。

7月31日 ー東丘ダディーズ主催 「宿泊カレーパーティ」を無事終了しましたー (2014.07.31)

CA390482

26日から27日午前中にかけては、東丘ダディーズクラブ主催の宿泊カレーパーティでした。

3年生以上の希望者は校庭にテントをはって宿泊。1,2年生は日帰り参加。10年前に始めた頃は、宿泊者が40名弱、日帰り参加を入れても80名ほどでしたが、今回は宿泊が100名、日帰り参加を入れると170名、とたくさんの参加者となりました。参加者が増えるのは嬉しいことですが、十分目が行き届かない危険もあり、来年からは参加条件の変更も考えねばなりません。

当日は5,6年生が1時に集合し、カレーのジャガイモの皮むきなどを行い、2時から全学年参加によるプール。プールでの事故が一番怖いので、監督には東丘小学校の先生方も数名来てくれました。4時30分に終了後はテント張り、そして夕食。カレーは大好評で(写真)一切残りませんでした。

その後8時前からキャンプファイヤー。毎年私がゲームなどのスタンツリーダーをやるのですが、これが結構疲れます。その後は、ダディーズ現役組による妖怪ウォッチの踊り。大ウケでした。
10時には就寝ですが、当然のごとくなかなか寝ません。私は午前2時頃まで、テントのそばで子どもたちを寝かしつけていました。

翌日の27日は午前6時30分に起床し、朝食後テントの片付け。そして1時間ほどプールに入り、午前10時頃には、ケガもなく熱中症にもならず、無事全日程を終了しました。

帰宅後は大変眠たく疲れていたのですが、なぜか眠れずに夕方まで過ごしました。
午後6時からは、新千里北町地域の府営住宅建て替え問題について、私や堀田府議、幸村市議予定候補とともに説明・質問会を実施。50名以上の方が参加され、関心の高さがうかがわれました。

28日は午前10時より建設水道常任委員会に委員長として出席しました。午後3時頃には終了。その後は地域の赤旗集金に回りました。

29日は午前10時より文教常任委員会が開かれ傍聴しました。午後3時からは市議団か会議。その後、検診の結果母が早期胃がんと診断されたため、かかりつけ医のある宝塚南口まで母を連れて行きました。

30日は早朝駅頭宣伝を、幸村直行市議予定候補と行った後、市議団控え室に行って昼過ぎまで仕事。その後は事務所に帰って、夜に行われる北町夏祭り実行委員会の準備を行いました。夜は、実行委員会に出席しました。

31日の午前中は堀田文一府議と、蛍池地域を訪問。午後からは赤旗集金と北町夏祭りの案内状をもって回りました。夜は、あらい真を励ます会実行委員会に出席しました。

7月19日 ー橋下氏もここまで落ちたか…ー (2014.07.19)

14日の朝は、阪急神崎川駅で松下三吾市議と早朝宣伝。途中で雨が降り出し大変でした。その後は市役所に行って質問原稿の作成。夕方からは市議団会議を行い、代表質問原稿の最終チェックを行いました。

15日は質問通告締め切り。質問に対する答弁を市職員からもらったり、終日議会対応でした。

16日も終日議会対応。17 日は午前中に代表質問の担当原稿は仕上げて、午後からは7月26日、27日と行う東丘ダディーズクラブ主催の宿泊カレーパーティの子どもたちに対する説明会を行うために東丘小学校に出向きました。

18日は午前10時より本会議代表質問。私たちの淺利市長への質問に対しては、府立大学と市立大学があるのが二重行政と大阪維新の会は言いますが、「二重行政は効率化などの中身が問題であって施設数の問題ではない」と市長答弁。また、大阪都構想をめぐる法定協議会の維新の会の横暴に対しては、「私の政治手法とは相容れないプロセス」と非民主的なやり方に対して淺利市長はキッパリと批判をされました。

さて、大阪都構想を議論する法定協議会から維新の会以外の議員を一切排除するという暴挙を行った橋下氏ですが、いよいよ混迷を深めているようです。次のような産経新聞の記事が出ていました。橋下氏もここまで落ちたか、と思う内容ですね。以下紹介します。

7月17日付産経新聞ニュースhttp://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140717/wlf14071713270010-n1.htm

閉庁後の大阪市役所の中は、暑い。エアコンが切られ、夜が深まるほど、私の中の不快指数が上がっていく。小学生の頃、エアコンのない教室によく耐えたと昔の自分をほめたくなる。
大阪市では全市立中学校にエアコンが設置され、今年度からは市立小学校への整備も進められている。当時、下敷きで自分をあおぐしかなかった私には、うらやましい限りだ。

エアコンの設置方針は、前市長の平松邦夫氏の時代に決まっていた。しかし、工事の予算を組む前に任期満了を迎え、平成23年11月の市長選で、エアコン設置を公約に掲げる橋下徹氏が当選。24年度予算から順次、工事費を盛り込んでいった。

橋下氏には、自身の功績をアピールするお決まりのネタがある。平松氏はエアコン設置の予算を作れず、校舎の壁にゴーヤなどの「緑のカーテン」を作ったと切り出し、一方で自分は市政改革で財源を生み出した、というのだ。
政治家が前任者と比べて実績をPRするのは当然だが、橋下氏が今月13日に行った街頭演説には思わず眉をひそめた。

「平松氏がすぐ近くに住んでいる」と明かし、「平松さ~ん」と何度もマイクで呼びかけ、緑のカーテンを「大失敗ですよ。全然教室、冷えていません」と揶揄(やゆ)。「あなたは全く市長の仕事をしていませんでしたね」と挑発してみせた。

橋下氏の皮肉や過激な物言いは、その内容の痛快さで聴衆を引きつけてきた面もある。しかし、インターネット上で公開している演説で特定の人物の住まいを明かしたうえ、あえて自宅に向かって“口撃”するのはやり過ぎの感が否めない。

大阪都構想をめぐって今後、野党会派などとも対立が激しくなる。街頭での批判も激化しそうだが、聴衆の“不快指数”には、くれぐれもご注意を。

7月5日 ーナチス元幹部が語った手口と同じ、安倍政権のやり方ー (2014.07.05)

7月1日は、庄内西出口で早朝駅頭宣伝をしました。10中時代の教え子の親が声をかけてくれました。まあ教え子とも会いました。その後は市役所に行って仕事をし、午後からは退職職員の写真展を堀田府議と見に行きました。午後3時からは市議団会議に出席し、7月臨時議会の代表質問の内容について検討しました。

2日は、桃山台駅で早朝駅頭宣伝を行い、その後市役所に行って各常任委員長会議に出席しました。午後からは、来春統一地方選挙に立候補する大阪府下の予定候補が集まっての研修会が天王寺であり参加しました。
党中央政策委員会 社会保障分野責任者の谷本諭さんの話は大変興味深く勉強になりました。

3日の朝は、7月26日、27日に行う、東丘ダディーズクラブ主催の宿泊カレーパーティ申し込み受付に東丘小学校に行き対応。その後午前中は、わが娘三人が出産でお世話になった産婦人科の先生の相談にのるため、庄内まで行ってきました。
午後からは、市議団控え室で代表質問の準備等を行いました。

4日の朝もダディーズの受付、その後は地域の党支部選対会議に出席。午後からは市役所に行って7月臨時議会の準備等を行いました。午後7時からは、新千里北町夏祭り実行委員会事務局会議に実行委員会事務局長として出席しました。

さて、本日の赤旗日刊紙に、ナチスドイツの空軍の総司令官だったゲーリングの言葉が掲載されています。1946年4月18日に刑務所で被告の心理観察をしていた心理学者の大尉に語った言葉だそうです。

「国民はいつも指導者の命令に従うように仕向けられてしまう。それはとても簡単なことだ。国民が攻撃されると言い、平和主義は愛国主義が不足し、国を危険にさらしていると非難すればいい。他にやる必要なことはない」

まさに、今安倍政権が進めているやり方そのものです。実際にはあり得ないような事例を持ち出して集団的自衛権行使の必要性を声高に言い、国民の「憲法9条を守れ」という声には「平和ボケ」といって非難する。

はっきりとしていることは、集団的自衛権の行使によって戦争になったとしても、権力者達やその家族達は絶対に戦争には行かない、と言うことです。そして彼らは、集団的自衛権の行使を行えるようにすることで、軍需産業からまた多大な献金を受け甘い汁を吸おうというのです。

実際に戦争になれば、どれだけ国民が悲惨な目に遭うか。パレスチナ、イスラエル、シリア、イラク、ユーゴ他、数えればきりがありません。「戦争をしない国」を宣言し続けることこそ、日本がこれからも平和であり続けられる最善の方法なのです。

5月27日 ー9月6日に高齢者問題でのシンポジュウムを行いますー (2014.05.28)

27日は午前10時から市議団会議に出席。9月6日に市議団主催で行う予定の高齢者問題シンポジュウムの事などについて議論しました。私はシンポジュウムではコーディネーターをつとめることになりました。わたくし的には、司会や議長などの「さばき役」は結構得意なのですが、この間ずっと総務常任委員会や文教常任委員会担当だったので、高齢者問題について専門家にまけないように改めてしっかりと勉強したいと思います。

午後からは本会議で、新議長が決まりました。その後は再び団会議を行い、終了後はお客さんに対応しました。
その後は帰宅して、新聞赤旗の集金に回りました。

府議候補になって面倒なことは、自らの予定表をしっかりと作って、それを市議団に提案して市議候補との行動などの予定を埋めていく作業です。自らのスケジュール表とは別にきちんとしたスケジュール表を作らねばならず、本当に手間がかかり肩がこります。

5月26日 ー運動会や和太鼓祭りに参加しましたー (2014.05.26)

25日は、公民分館主催の体育祭や文化祭に出席しました。午前9時からは熊野田公民分館の体育祭に出席、その後は南桜塚公民分館、泉丘公民分館、北緑丘公民分館の体育祭に出席。いずれも来賓としてご紹介頂きました。

午後からは、新田公民分館の春の文化祭に参加させていただきました。新田公民分館の文化祭はいつも素晴らしい盆栽が展示されており、春と秋でその内容も異なっているので、なかなか見応えがありいつも感心しています。

その後は、緑地公園の野外音楽堂で行われた和太鼓祭りに参加しました。どの団体も素晴らしい演技でしたが、やっぱり地元で頑張っている八鼓はうまいなあ、と思いました。八鼓の演奏は聞き慣れているのでいつもの演技が普通に聞こえますが、他の団体と聞き比べてみると、やはり八鼓のうまさが改めてわかりました。帰宅後夕方からは、市政レポートをこうむら直之さんと一緒にマンション群にまきにいきました。

26日は、こうむら直之さんと早朝駅頭宣伝を行った後、午前10時より府会・市会候補者会議に出席。午後からは私のパンフレット作成の打ち合わせを業者と行い、午後四時からはこうむら直之さんとともに地域を訪問しました。