2月16日 ー元気をもらった日本共産党後援会決起集会ー

2月15日の午前中は、女性団体内日本共産党後援会の統一地方選挙勝利に向けての決起集会に出席。堀田府議の挨拶の後、私がお話ししました。
私は、維新の会がすすめる競争至上主義の教育の問題と、少人数学級の教科面・生活指導面での教育的効果をお話ししました。そして、競争至上主義の教育は戦争を肯定する子どもを育てることにつながり、少人数学級を進める教育は人間の相互理解の大切さを知る子ども達を育てることにつながること、憲法9条を守り平和を守る教育をすすめるためにも、大阪での少人数学級の推進はどうしても必要、と訴えました。この日の演説は、事前に原稿をしっかり練っていたこともあって、参加者の皆さんの反応もまずまずだったと思います。

IMG_1084

その後は、府政の焦点を当てた寸劇。大変すばらしい内容で、感激しました。
また、その後は、市議候補各ブロックごとの出し物。こうむら直之予定候補をかかえる千里・緑丘・上新田地域の出し物も大変楽しく、ユニークなものでした。

IMG_1073
どのブロックからの出し物もよく考えられ、笑いも大いにあり、大変盛り上がりました。最後は、清水ただし衆議院議員からのお話。

IMG_1082

いつものように、話は大変上手で、堅い政治の話も漫才のように楽しくきくことができました。今までで一番多い参加者があり、2時間があっという間に過ぎた、大変激励され元気の出た集会でした。

午後からは、山本いっとくブロックの後援会の方と地域を訪問しました。その後は、こうむら直之さんの選挙事務所の件で、色々と打ち合わせをしました。
また帰宅後は、市議団で議論する3月議会の質問原稿づくりなど、夜遅くまで家で仕事をしました。

2015年2月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : makoto arai