2月15日 ー日本共産党「躍進のつどい」に参加しましたー

13日は、早朝駅頭宣伝を、いつき澄江市会議員とともに豊中駅人口広場で行いました。その後は、いそがわ元市議会議員と地域を訪問。教え子の家にも行きましたが、残念ながら親御さんともお会いすることができませんでした。
午後からは、15日にある女性後援会の集いでお話する内容の検討や、議会質問に関わっての資料調べなどを行いました。
夜には、中ノ島中央公会堂で行われた日本共産党躍進の集いに参加しました。この会では、4月の統一地方選挙の全候補者が紹介されました。
ステージでは、清水ただし衆議院議員(写真)が最初にあいさつされ、続いて来年7月に行われる参議院議員選挙大阪選挙区の候補者に決まった「わたなべ結」さんがあいさつをされました。

清水写真

それぞれのお話を「演説で人の心を掴むには何が大切か」の参考にしようという思いで聞きました。清水さんの話からは、話のテンポの巧みさ、わたなべさんの話からは、「気持ちを込めて話す事の大切さ」を学びました。
その後、大阪府議会議員候補、大阪市議会議員候補、堺市議会議員候補、一般市議会議員候補を代表して、四名が決意表明。どなたの話も、短時間でしたが内容もよく工夫され大変良かったです。
そして最後に、山下書記局長のお話がありました。大変わかりすかったのですが、内容が第三回中央委員会での報告とほぼ同じで、ちょっと新鮮さに欠けたのは残念でした。

14日は、午前中は、いつき市議ブロックの後援会員と一緒に地域を訪問しました。その中で、多いに励ましの言葉を頂いて元気が出ました。
午後からは出口市議と一緒に街頭宣伝を行いました。最後に服部駅近くのライフ前で宣伝を行っていた時、立ち止まって聞いて下さった方が、「写真より実物の方がええやん」といって下さり、ちょっと嬉しかったです(これ2回目です)。まあ、「写真の方がえらい男前に写ってるやないか」と言われることも当然あります。でもこれは当然。写真とる時は、スタイリストがいてメイクしてくれ、しかもプロが写真撮ってくれるのですから。

2015年2月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : makoto arai