8月17日 ー永年党員(30年)として表彰を受けましたー (2014.08.17)

8月12日は、午前中は9月6日に市議団主催で行う「高齢者支援・介護シンポジュウム」でパネラーをお願いしている介護事業所の方と、打ち合わせを行いました。今回パネラーを引き受けて下さった男性は、まだ30代前半ながら大変知識も豊富でしっかりされており関心しました。充実したシンポジュウムになりそうです。

午後からは、大阪民主新報の取材を受けました。府会候補の横顔を取材して順次掲載するそうで、私のことは8月24日付けの大阪民報に掲載される予定です。

夕方からは、豊中十中時代の同僚だったA先生と、同じ全教でがんばったB先生の3名で久しぶりに会って色々と話をしました。A先生は66歳になられますが、立命館大学に講師で行かれて生活指導論を教えているとのことで、学生達が感動する授業を精力的に行っておられその話をたっぷりきかせてもらいました。

13日と14日は、朝から終日、お盆明けに発行するニュース作りを市議団控え室で行いました。

15日は、妻、と次女、三女と共に、神戸に亡き父の実家の墓参りに行きました。その後、神戸三宮の中国酒家という中華料理店(ここの料理がとてもおいしいのです)に行きお昼ご飯を食べ、その後元町界隈で娘達と買い物をしました。帰りには、大阪市内の病院に入院中の母を見舞いました。

16日の午前中は松下市議と地域を訪問。午後からは30日に行う「あらい真を励ます会」のための資料づくりをしたり、9月6日に市議団主催で行う「高齢者支援・介護シンポジュウム」のための資料を読んだりしました。

17日の午前中も30日の準備、午後からは30年党員、50年党員を表彰する全党員集会に出席しました。今回は、私自身が党員歴30年を迎え、永年党員の表彰を受けました。

大学院1年生で入党し、その後色々とありましたが、科学的社会主義の歴史観、哲学は、その後の教員生活の、そして政治家としての大きな指針となりました。そして、表彰を受けた年に府議候補として新たな挑戦をすることになったわけです。

亡き父が残した手記に、私の父方の祖父と祖母の話がのっており、それを読むと、今私が日本共産党員としてやっているのも祖父や祖母の影響が少なからずあったのか、と思わずにいられません。今日の集会ではその話をさせてもらいました(その内容は2010年12月13日付け、10日付けのブログをご参照下さい)。

2014年8月22日 | カテゴリー : 教育 | 投稿者 : makoto arai