6月26日 ー基本的人権感覚のない政治家はまだまだ多いー (2014.06.26)

22日の午前中は、新日本婦人の会豊中支部などが呼びかけて行われた、「バイバイ原発@豊中」の集会に参加して、曽根のアクア文化ホールまでデモ行進しました。タンバリンや鈴を鳴らしながらのデモ行進は、楽しくおもしろかったです。
午後からは、豊中医療生協総代会に来賓として出席しました。その後は地域の行事に参加しました。

23日は、緑地公園駅で早朝駅頭宣伝を、出口市議会議員と行いました。その後午前中は市民の方からの相談を受けました。午後からは、五十川和洋豊中市議予定候補とともに、上新田の天神社の宮司さんなどに挨拶に回りました。

24日の午前中は出口市議と出口地域の支持者訪問、午後からは地区委員会で今後の選挙対策についての意見を先輩党員から伺いました。その後は市役所に行って仕事した後、市民からの相談を受けしました。

25日の午前中は、豊中社会保障推進協議会の取り組みとして、国保料相談会に参加しました。午後からは団会議に参加し、その後は府会選対会議に出席しました。夜は、赤旗新聞の集金にまわりました。

さて、「早く結婚した方がいいんじゃないか」との自民党都議のヤジが大きくクローズアップされましたが、保守系議員の中にはいまだに、「女性は子どもを産んで、専業主婦になるのがよい」と思っている人が多いようです。本音が出たのでしょう。しかし、「産めないのか!」などというヤジもあったということで、このレベルになると、「人権感覚が全くない」と言わねばなりません。

基本的人権、という面では本当に?と思うレベルの政治家がまだまだたくさんいます。今回は女性に対する問題でしたが、維新の会の橋下市長のように、「思想信条の自由」という基本的人権の根幹に関わる問題も、平気で踏みにじるような態度をとる政治家もまだまだいるのですから。

2014年6月26日 | カテゴリー : 政治 | 投稿者 : makoto arai