政府交渉に国会に行ってきました

朝5時前に起きて新大阪に。集合場所の参議院議員会館には9時40分頃に到着しました。久しぶりの国会でしたが、議員会館がとても立派(ちょっとお金かけ過ぎかなあ)になっているのには驚きました。

10時から事前事務説明で、10時30分から午後3時頃まで、厚生労働省、国土交通省、文部科学省との交渉が始まりました。豊中からは、全体で計5件を要望としてあげていました。

その中の、テレビニュースでも取り上げられた「年少扶養控除廃止による多子世帯の保育料負担増改善問題」では、安倍政権が「一億総活躍」をうたいながら待機児童放置にたする国民からの批判が大きいことも影響しているのか、「所得360万円未満の家庭への負担軽減を実施していくとともに、限られた予算の中ではあるが、今後どのようなさらなる負担軽減策ができるのかを検討していく」と一定前向きな答弁でありました。
私の方からは、「たとえ所得500万円であっても、子どもが5人いるのと2人いるのとでは負担が全く異なる。所得360万円未満と一律に切るのではなく、子どもの人数によって所得制限を緩和していく事を検討すべき」と主張したところ(写真)、「ご指摘のご意見も含めて、今後検討していく」と答弁が帰ってきました。

SONY DSC

SONY DSC

交渉には若い官僚達がならび、答弁を聞いても彼らが優秀であることがよく分かりました。彼らには、多くの国民の幸せの実現のためにしっかりと頑張ってもらいたいものです。

交渉には、日本共産党の大門、辰巳、堀内議員が同席され、宮本、穀田、山下議員が激励の挨拶に来られました。大門議員は、要望内容や官僚の説明に関して色々と解説をしてくれたのですが、実に知識が豊富で、大変興味深くお話を聞かせてもらいました。
朝早くから出かけて大変でしたが、国政の生の動きを肌で感じることができ、大変有意義な一日を過ごすことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です