衆議院大阪八区(豊中市)国政対策委員長になりました

この度、府政対策委員長の任をとかれて、衆議院大阪八区(豊中市)国政対策委員長に就任することになりました。もし、解散総選挙が行われたら、大阪八区の候補者となってがんばることになります(写真は4月13日の記者会見の様子)。

13007111_259345287738750_2202274201486441938_n
八区には、自民とおおさか維新の衆議院議員がおり、この二人が過去二回の選挙ではしのぎをけずってあらそってきました。そこに割ってはいるわけですが、他党の候補者の状況によってはおもしろい選挙となりそうです。
アベノノミクスは、結局、一時の円安と株高をもたらしただけで、庶民の懐を暖めるどころかますます厳しくしてきました。その結果、安倍政権のもとで、国民の所得格差はどんどんと広がっています。
その上に、戦争法(安保法制)をつくるために憲法解釈を自分たちの都合のいいように変えて、立憲主義を踏みにじっています。安倍政権は、戦後最悪の内閣と言えるでしょう。
だからこそ、日本共産党は今までにない方針を打ち出して、参議院選挙で他党との選挙協力に大きく踏み出したのです。
安倍政権を倒して、平和で経済的格差が広がらない社会をめざしてがんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です