マイナス金利は、庶民をさらに苦しめるだけ

今週は、明日の午後6時30分からアクア文化ホールで行う演説会に向けての準備が中心でした。曽根駅では演説会案内の街頭宣伝もしました。

image

さて、日銀が、マイナス金利を導入しました。
民間銀行は国債を国から買ってそれを日銀に売り、国債を買って得たお金を融資などにまわします。ただ、融資先がない場合などは日銀の当座預金(無利子)にあずけておくこともできます。
そして、この2年で、日銀は国債を80兆円買い増ししましたが、日銀当座預金の額は200兆円も増えています。つまり、民間銀行はお金を貸し出す先がないから日銀にあずけているのです。
今度のマイナス金利は、一定額より以上日銀に預けたら、その分に対しては民間銀行は日銀から預かり料を取られる、というものです。そうすることで、「民間銀行は日銀に預けるより国民や企業に安い金利でも貸し出そうとするだろう。そしてら、そのお金が、投資や消費にまわって景気が良くなるだろう」というのがアベノミクスの考えです。
でも、今までも十分に貸し出し金利は安かったのです。それでも、貸し出し量が増えず、民間銀行が日銀に預けているお金だけがどんどん増える状況でした。ではなぜ貸し出し量が増えないのか。それは、多くの国民のくらしや中小企業の業績がしんどくなっているからです。
社会保障料の値上げや円安による物価高などで実質賃金が減り続けて家計が苦しくなっているもとでは、いくら住宅ローンが安くなっても、「家を買おう」とはなりません。
そして、家計が苦しかったら消費が伸びません。消費が伸びる見込みがなければ企業は設備投資をしません。
だから銀行の貸し出しは増えていかないのです。そうすると、マイナス金利のもとでは、銀行は利益を上げるために手数料などをあげざるを得なくなるでしょう。
金利も下がり手数料も上がる。国民には本当に踏んだり蹴ったりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です