5月20日 ー給付金奨学金制度の充実はやはり必要、と感じましたー (2014.05.20)

5月19日は、早朝駅頭宣伝をこうむら直行さんと行いました。色々な方から、「読みましたよ。次は府会に挑戦されるんですね。頑張って下さい」と声かけを頂き、大変勇気づけられました。

その後は、堀田文一府議と庄内地域の支持者宅を訪問しました。訪問後、音大近くのお店に入って昼食をとりながらお店の方とお話をし、「昔、十中で教師をしてたんです」と言うと大変親近感を持って下さり話が盛り上がりました。

その後は、音大前で、学生の方に「学費に関するアンケート」活動を行いました。最初はなかなか応じてもらえませんでしたが、だんだんと答えてくれる学生も増えました。
途中で音大の講師の先生ともお話をすることが出来ました。先生曰く、「以前は、けっこう裕福な学生がおおかったけど、最近は奨学金を借りている学生が多い」ということでした。

アンケートに答えてくれた学生の中には、「800万円も奨学金を借りることになる。返済を考えると将来が不安」と話す学生もいました。先進国の中で給付制奨学金制度がないのは日本ぐらいです。能力ややる気はあるが経済的に厳しい子ども達が、借金する不安なしに学べるようにしていかなくてはなりません。

その後は市役所に戻って、相談活動の対応など色々と仕事をしました。

2014年5月20日 | カテゴリー : 政治 | 投稿者 : makoto arai