3月18日 ー中3男子の4人に3人は異性に性的興味がない、という驚くべき調査結果!ー

14日の午前中は、大阪都構想の学習会を出口市議ブロックが寺内地域で開催したので、講師として参加しました。
午後1時からは、新千里北町会館で、「あらい真、こうむら直行激励会」に出席。北町を中心に約60名の参加者があり、北町の元自治会役員の方などが、「厳しい選挙だが、あらいさんは是非当選を。そして、北町から議員を出すために、こうむらさんには頑張って欲しい」と激励スピーチを行ってくれました(写真)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後は、地区委員会での府会選対会議に出席しました。

15日は、いそがわ和洋市議予定候補の事務所開きで挨拶、その後は、出口市議事務所開きで挨拶を行いました。
午後からは、出口ブロック穂積地域で、大阪都構想についての学習会が行われ、講師として参加しました。
夜6時からは、緊急の党員集会に出席しました。

16日は、午前10時より建設水道常任委員会に、委員長として出席しました。委員長は質問はできず、眠たくなっても絶対にうとうとできないので、午後7時頃まで睡魔と闘いながら過ごしました。

17日は、曽根駅でいそがわ市議予定候補と、早朝駅頭宣伝。その後、午前中は服部のライフ前で街頭宣伝活動を地域後援会のみなさんと行いました。
午後からは、千里地域で街頭宣伝を行い、その後は、教え子の所におじゃまして「教え子声援メッセージ」のビデオ取りを行いました。
午後6時からは候補者会議に出席しました。

さて、今日の毎日新聞朝刊に山田昌弘中央大学教授のコメントが紹介されていました。東京都幼・小・中・高性教育研究会が3年ごとに実施している「児童・生徒の性に関する調査」によると、中学校3年生の生徒に、セックス願望の有無を聞く「あなたは今まで性的接触をしたいと思ったことがありますか」という質問に、1987年には男子生徒86%、女性生徒36%、90年代は男子68%、女子35%だったのに対して、2002年以降は急速に低下し、2014年には男子25.7%、女子10.9%となったそうです。思春期まっただ中の15歳男子の4人に3人は「異性への性的興味」がない、という状況だそうです。

この結果には、さすがに私もショックを受けました。その原因は色々とあるでしょうが、これは、日本の将来にとって大変ゆゆしき事態です。
先日も、「20歳までに、片思いも含めて異性を好きになったことがない」という21歳から34歳の男女が19%もいる、という数字に驚きましたが、それ以上にショックでした。異性に性的な興味関心がなければ、異性と恋愛したい、なんていう感情は生まれてきませんから、当然家庭を持つ男女も大幅に少なくなっていくということです。
今の少子化の原因は、非正規雇用の増大、女性の経済的自立、男性の働き過ぎなど色々と言われていますが、「人類という種の存続」に必要な「異性を求める」ということ自体がなくなっているのは、一体どうすれば解決でるのか。本当に悩ましい問題です。

2015年3月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : makoto arai