淺利市長と、参議院選挙に向けて懇談をしました

1月29日の午後、府委員会から駒井書記長が来て、東前剛豊中地区委員長、いつき豊中市議団幹事長、そして私の4名で、淺利市長に、2月21日に豊中アクア文化ホールで参議院選挙勝利に向けて行う演説会と、3月18日に大阪市立中央体育館で行う演説会のご案内をしました。また、選挙にむけて政治課題などについての懇談を行いました。

市長懇談

今回の参議院選挙は、憲法を守る闘いになるのはハッキリとしていますが、それとともに、人口減少をストップするために、若い世代が家庭を持ち子育てできるような状況を生み出すことに、本気になって取り組む必要を強く訴えていきたいと思います。

そして、本気になって取り組むには、非正規雇用ではなく正社員があたりまえにし、若い世代が家庭を持ち安心して子育てできるだけの賃金をきっちりと保障していく、これを何としても実現していかなければなりません。

朝の駅頭宣伝でも、この点を訴えると若い世代のビラの受取が良いです。一切の企業献金を受け取らない日本共産党だからこそ、「正社員が当たり前の社会をつくれ」と大企業に気兼ねせずに堂々と語れるのです。