母を、卒寿の祝いに旅行に連れて行きました

12日は、庄内駅で、松下市議、地域の後援会員のみなさんと共に、早朝駅頭宣伝を行いました。統一地方選挙以来、久しぶりに教え子とも顔をあわせ元気に宣伝ができました。 その後は地区委員会に行って仕事をしました。
13日は、朝一番で母を宝塚の病院に連れて行き、午前中は千里地域で活動。午後からは母を迎えて行って、その後は家で仕事をしました。
14日は、岡町駅で、いつき市議、地域後援会のみなさんと駅頭宣伝を行いました。久しぶりにお会いする市役所職員の方々から、多いに激励して頂きました。その後は地区委員会で仕事。
15日は、午前中は地区委員会で仕事し、午後からは相談の解決のために動きました。
16日、17日は、母の卒寿の祝いに、弟と私の3人で淡路島に小旅行に行きました。
16日は、南あわじ市にある黒岩水仙郷に行きました。
水仙2水仙1
行ってみると、駐車場から水仙郷までは120メートルも歩いて登らねばならず、80歳の母が登っていけるか心配しましたが、天気がとてもよく暖かかったこともあって、母は元気で登り、水仙の香りと美しさを満喫できたようで良かったです。
それで驚いたことに、そこで豊中市の職員の方にお会いしました。
 その日は、慶の松原というところにある「ホテルけひの海」に宿泊しました。このホテルは以前妻と泊まり、とても料理がおいしかったので選びました。前回来た時は、ホテルからの夕日が見れませんでしたが、この日は美しい夕日が見れました。

夕日2

17日は朝食後にホテルを出発し、途中でお土産を買って昼過ぎに帰ってきました。