2月8日 ー日本共産党豊中演説会が行われましたー

2月4日は、午前中は7日に行われる演説会の原稿を書きました。その後、午後から私鉄労働者後援会新春のつどいに参加させて頂き、ご挨拶しました。
また、夕方からは、大阪市内で開かれた大阪教職員退職者後援会などが主催の、「日本共産党候補者激励会」に出席しました。4月の統一地方選挙の候補者となる教員出身の現職議員と予定候補者の面々がそろい、決意を述べました。

5日は蛍池で早朝駅頭宣伝。そしてその後は帰宅し、昨日も休みが取れなかったので疲れがたまっており、この日は休みにしました。といっても、家で演説原稿を考えたり、たまっていた事務仕事などをこなしました。

6日は、豊中駅で早朝駅頭宣伝。その後は大阪市内で開かれた地方議員研修会に出席。
ここで、来年7月に行われる参議院選挙の候補者となる渡部ゆいさんが決意を述べられました。辰巳コータローに次で30代の若い元気な候補者です(写真)。

image

何としても、国会に送り出さなければなりません。
この会議は夕方まであるのですが、午後から公務があるため午前中で退席して豊中市役所へむかいました。そして午後二時からは、豊中市都市計画審議会に出席しました。終了後は市役所で仕事をしました。

7日は午前中は出口市議と出口地域の後援者宅を訪問。午後からは山本いっとく市議と地域で街頭宣伝を行いました。この日の夜にアクア文化ホールで日本共産党の演説会があるので、その予行演習のつもりで街頭宣伝をかなり力を入れてやりました。その結果、終了後にどっと疲れてしまい、ちょっと失敗でした。

終了後少し休憩し、演説会場へ。天気も良く440名の参加があり大変もりあがってうれしかったのですが、私の方は、夕方にエネルギーを使ってちょっとへばっていたこともあって、大切な演説会であったにもかかわらず、反省の多いものとなってしまいました(写真)。

image

演説会に来ていた妻からの辛口批評に耳を傾けて自分の演説をふりかえってみました。もちろん、演説原稿はきちんと準備して臨んだのですが、この間、府政学習会が何度も行われたため、その話し方になれてしまっていたようです。妻からは「時間も長かったし、演説でなく講演会のような話し方になっていた」と指摘され、反省することしきりでした。

そして改めて、演説会での訴え方、街頭演説での訴え方、小集会での訴え方、学習会での話し方、それぞれ使いわけて話を組み立て、話し方も工夫していくことの大切さを自覚しました。これから、2ヶ月、今回の反省をもとに、全力で取り組んでいきたいと思います。