11月11日 ー二重行政の無駄のデタラメさ。大阪府立体育館と市立中央体育館の例からー

11月6日は、岡町駅で山本正美市議、いつき市議とともに早朝駅頭宣伝を行いました。その後市役所で仕事をした後、いったん千里地域にもどって地域の支部会議に参加しました。午後からは自宅で少し仕事をしたの後、夕方からは地区委員会で行われた候補者会議に出席しました。

7日は、蛍池で、堀田府議、山本いっとく市議とともに早朝駅頭宣伝を行いました。
その後千里にもどって地域の選挙対策会議に出席。午後からは、蛍池公民館でおこなわれた公民館祭りに堀田府議とともに参加しました。
公民館まつりでは、沢山のすばらしい作品を拝見するとともに、楽しいコーラスも聞かせたもらいました。

8日は休暇をとり、妻とともに長女宅に行き、久しぶりに孫の蘭ちゃんに会ってきました(写真)。2ヶ月ぶりで、顔もふっくらとしてとてもかわいくなっていました。孫には、おじいちゃんではなく、「まこちゃん」と呼ばせようと思っていましたが、妻が「まこちゃんなんて、最初は言われへん。それに、ややこしくなるから、おじいちゃんか、じーじーでいいの」と言われ却下。それで、「おじいちゃんですよー」と言ってだっこしましたが、おじいちゃんになりきれない私にだっこされ、あまり機嫌は良くありませんでした。

IMG_0925
9日は、午前9時から桜井谷公民分館主催の文化祭に山本いっとく市議と参加し、午前10時からは、いつき市議ブロックの学習&つどいに参加して挨拶をしてきました。
その後、豊島北公民分館主催の文化祭に参加しました。ここでは、手作り同好会に参加されている男性の方とお話する機会があり、すばらしいできの手作り作品を多数見せて頂いて、本当に感心しました。
その後は千里にもどって、北丘おやじの会主催の懇親会に参加しました。以前より、北丘おやじの会の代表Aさんより、「一度、東丘ダディーズクラブの活動について話を聞かせて欲しい」と言われていたので、この日伺ってお話をさせてもらいました。
この日の懇親会をきっかけに、北丘おやじの会には新しいメンバーが沢山参加されることとなったようで、本当によかったです。
その後は岡町に行き、午後4時からは婦人団体の会合に出席し挨拶を行いました。
夜6時からは、新千里北町地域自治協議会の会議に出席しました。

10日は、千里中央で、幸村直行市議候補と早朝宣伝を行いました。その後午前中は、市役所で、昨日頂いた相談への対応や市議会だよりの作成などを行いました。
午後からは、山本正美市議と宣伝カーで街頭宣伝をしました。また夜は、淀屋橋で行われた「中之島図書館を守る会」の総会と後援会に出席しました。
さて、府議候補として連日街頭宣伝をやっていますが、維新の会が言う「二重行政の無駄」のいい加減さをお話しすると、多くの方が「なるほど」と言ってくれます。
大阪維新の会のホームページの大阪都構想の項目を見ると、二重行政の無駄として、大阪市立中央図書館と大阪府立中央図書館、大阪市立中央体育館と大阪府立体育館などがあげられています。
では、ふたつ作ったためにそれぞれが余り利用されていないのでしょうか。決してそうではありません。

例えば体育館の場合、少し前のデータですが、2008年度の府立体育館のメイン競技場の稼働率は75.8%、市立中央体育館は88.1%です。両方ともとてもよく利用されているのです。

そして、府立体育館は大相撲などプロの興業が結構多く、市立中央体育館はアマチュアの大会がメインで、利用者のある程度のすみわけもされています。従って、「市立中央体育館を無くして府立体育館に統合したら、アマチュア大会開催に大きな影響が出る」と大阪市の担当部局も言っています(平成24年2月29日付けで出された「大阪市立スポーツ施設の事業分析について」を参照)。

これの何処が無駄なのでしょうか。ただ大きな施設が二つあることだけをとって、ムダだという。本当にデタラメな主張です。
大阪都構想の財政効果額についても、大阪維新の会は4000億円と言っていましたが、日本共産党大阪市議団の試算では、効果額はわずか7億円であることが明らかとなりました。本当に、大阪維新の会の言う「二重行政の無駄」はデタラメだらけ、です。