9月26日 ーこのままでは日本は衰退するばかりか?ー (2014.09.26)

img20140926165745[1]

20日は、翌日のバスツアーでバス6台に乗り移る計画をつくったり、バスの中でお話する内容を考えたり、バスの中で行うゲームを考えたりと、いった準備をしました。
準備修了後は、府政に関する資料を読むなどの学習をしました。

21日は、 日本共産党豊中後援会のバスツアーで出石とコウノトリの郷公園に行きました。バスは市会候補者毎に一台ずつ手配されたので、府会候補である私は堀田府議と、往路3台、復路3台のバスに乗り移りながら挨拶をしてまわりました。

この日は天気が大変良く、出石での散策もゆっくりとできました。そして妻にお土産を買いました。実は、先日の結婚記念日(9月14日)を忘れて妻にプレゼントを買っておらず、三女に「信じられへん。お母さんかわいそう!」とボロカスに言われたので、その罪ほろぼしといったところです。

コウノトリの郷公園では、天気もよくコウノトリが飛ぶ姿(写真)を見ることもできました。そして帰りは渋滞に巻き込まれて遅くなりましたが、午後8時頃に無事豊中に帰ってきました。

22日は、桃山台駅で、いそがわ市議候補と早朝駅頭宣伝を行いました。その後午前中は市議団控え室で私のニュース作成を行いました。午後からはいっとくブロックの宮山地域を後援会の方と訪問、その後は蛍池地域を周りました。

23日の午前中は、松下市議と庄内地域の支持者を訪問、午後からはいそがわ市議候補と熊野町の支持者を訪問しました。

24日は、神崎川駅で早朝駅頭宣伝を松下市議と行い、その後市議団会議に出席。午後からは年金者組合の例会に参加し、その後いつき市議と豊中駅周辺の支持者宅を伺いました。

25日の午前中は、庄内地域を訪問、午後からは決算委員会に向けて市職員からの聞き取りを行いました。

さて、昨夜は久しぶりに三女と色々と話をしました。
三女は就活を機会に様々な分野の人とつながりができて、最近社会的なことについて色々と話をするようになったそうです。そんな中で、日本の国の将来について話すことがあるそうで、「お父さんは日本の将来をどう思う?」と聞いてきました。

三女は、「高齢化と少子化がどんどん進み、日本は購買力も生産性も落ちていく。日本の経済はどんどんと悪くなっていき、どうしようもない状況になっていく。展望がない」と言うのです。

私は、「確かに、これから高齢化が進み、少子化も進み人口が一定減っていくだろう。しかし、このままではダメだ、と国民の多くが考える時期が必ず来る。そして、高齢化と少子化を克服していく社会にしていけると思う。

今から100年前より社会は確実に良くなっているやろう。太平洋戦争の時代なんか、それこそ若者は将来に展望などなかった。目の前にあるのは死のみやったんやから。それでも社会は,多大な犠牲を払いながら進歩してきた。確かに、国民の多くが気付くまでにこれから色々と問題が出てくるとは思うが、日本の国がどんどん衰退していくのを、みんながこのまま手をこまねいて見ていると思うか?」というと三女は、「そうは思わんけど、それでは遅いやん」と。

それに対して私は、「それはしょうがない。国民の多くが気がつくところからしか社会はかわらへん。瞳(三女)はそう思うんやったら、みんなが早く気がつくように、情報発信をしていけばいい。その点では、情報が権力に独占されていた時代と違って、インターネットの時代は、個人が色々と考えを発信して広めていける、という面でも多くの可能性を持っていると思うで」と言いました。

という具合に三女と色々と話をし、寝る時間が大分おそくなりました。

2014年9月26日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : makoto arai

9月20日 ーカジノは外国マフィアを呼び込む施設やから大阪にはいらん!ー (2014.09.20)

14日の午前中は、新聞赤旗の集金ができていなかったお宅数件を回った後、全教豊中教職員組合などが行っている豊中戦争展を見に行きました。

午後からは、千里地域の老人会の例会に出席させてもらいました。毎年、敬老の日のある9月と新年の1月には老人会例会に伺ったご挨拶をさせてもらっています。

15日の午前中は、出口市議と地域を訪問。午後からは松下市議と地域を訪問した後、もう一ラウンド、今度は松下地域後援会のKさんと地域の支持者宅を訪問しました。

16日は、庄内駅に西口で早朝駅頭宣伝を行った後、午前中は出口市議と出口地域を宣伝カーで街頭宣伝にまわりました。
午後からは、市役所控え室で仕事をし、その後出口地域後援会のOさんと、地域の支持者宅を回りました。訪問した中には、10中時代の教え子のお宅も何軒かあり、懐かしい話ができました。

17日の午前中は市議団会議に出席。午後からは、日本共産党府議会議員団主催の予算要望懇談会に出席しました。

18日は岡町駅で早朝駅頭宣伝を行いました。この日は市議団控え室で、終日、「あらい真ほっとレポート」次号の作成に時間を費やしました。また、夕方からは府会選対会議に出席しました。

19日は、豊中駅人工広場で早朝駅頭宣伝を行った後、午前中は自宅で少し仕事をし、午後からは長女の家に行って、孫の「蘭ちゃん」にご対面しました。生後まだ3週間ですが、いろいろな表情を見せてくれてとてもかわいく、じっと見ていても飽きませんでした。夜は、候補者会議に出席しました。

さて、昨日娘の所には、私の母と叔母と一緒に行ったのですが、行く前に一緒に昼食をとりました。その時、大阪都構想やカジノについて話題となりました。大阪都構想については、「橋下さんがどうしてあんなに必死になるのか、大阪都になったらいったい何が良くなるのかようわからん」と母が言うので、「大阪都になったら、税金体制がかわって大阪都にお金が集まるようになるねん。そしたら、大阪都で大型公共事業が今以上にやりやすくなる。メリットはいうのはそういうことや」と説明しました。

一方、カジノについても話題となり、叔母は「カジノなんかまっぴらごめんや。カジノなんかできたら、外国からマフィアとかが来て、大阪に外国の悪い人達が一杯集まってくる。大阪の治安が悪くなる。ほんまに橋下さんは、なんであんな文化程度低いんや」と言い、母も「大阪に人を集めたいんやったら、文化的なことにもっともっと力を入れて、大阪を国際文化都市にして世界から人が集まってくるように、なんで考えられへんねんやろう」と言っていました。ほんまにその通りです。USJなんかは、みんなが楽しめて、ハッピーになれる施設です。そんな施設をどんどんとつくるんならまだわかりますが。

しかし、カジノは、損をする人が必ず出ることがわかっていて、そしてその中からギャンブル依存症になって家庭崩壊に至る人が絶対に出てくる。不幸を生み出すことを前提にしている施設です。そんなもんは、大阪はもちろん日本にはいらんのです。

2014年9月20日 | カテゴリー : 政治 | 投稿者 : makoto arai

9月13日 ー候補者活動がよりハードとなった一週間でしたー (2014.09.13)

7日の午前中は、いつき市議ブロックが行った介護保険学習会に参加して挨拶、その後いつきブロックの豊中西地域の支部会議に出席し挨拶。その後は、服部西地域の支部会議に出席して挨拶。党員といえども人ですから、「この候補者を当選させなければ」と強く思ってもらうためには、やはりこちらが顔とお名前を覚えるがことがまず大切です。そう思って、今各支部を回っているところです。
午後からは、出口市議ブロックのAさんと地域を訪問。地域の党員と訪問すると、その方の事をよく知ることができて、いろいろなお話も伺えて、大変ですがとても意義深いです。

8日は、午前10時より市議団会議。午後からは6日に行った高齢者支援・介護シンポの内容をニュースにまとめる作業をしました。午後5時からは、五十川前市議ブロックのKさんと熊野田地域の支持者宅を訪問しました。

9日は、曽根駅で出口市議、山本正美市議と早朝駅頭宣伝を行い、その後は五十川ブロックのHさんと東豊中地域の支持者宅を訪問。午後からは山本いっとく市議ブロックの支部会議に出席し、その後山本いっとく市議と地域を訪問。
夕方5時からは、母の今回の手術にかかわって、今後の事を相談に宝塚の病院に連れて行きました。

10日は午前10時より建設水道常任委員会に委員長として出席。終了後は午後3時まで団会議。来年度よりシステムが大幅に変わる保育所関連条例について議論しました。
終了後は、私のニュースを今後月に1度作成していくための編集会議を行いました。

11日は豊中駅北口でいつき市議、山本いっとく市議と早朝駅頭宣伝を行った後、松下ブロックのOさんと庄内地域の支持者宅を訪問しました。
午後からは、出口ブロックのTさんと服部地域を訪問、そしてその後はいつき地域のTさんと中桜塚地域を訪問しました。さすがに、一日に三ラウンド訪問すると足がパンパンになりました。

12日は出口市議と北急緑地公園駅で早朝宣伝。思いの外沢山の人が私のニュースを受け取ってくれました。その後、午前10時より府議団控え室で、新千里北町府営住宅の建て替え・改修についての要望書に対する回答を府職員から聞きました。
その後豊中に戻り、午後からは五十川前市議と熊野田地域を訪問しました。その後は、市役所に行って、相談の対応など、たまっていた事務仕事をこなしました。

夜は、東丘ダディーズクラブのメンバーMさんが東京で新たなスタートをきったので、送別会を行いました。お陰様で、とても楽しい時間を過ごすことができました。

13日の今日は、午前9時から新千里北町の敬老の集いの準備手伝い、10時からは新千里東町の敬老の集いの準備手伝いに行きました。
午後からは、敬老の集いに来賓として参加。新千里東、北、西、南の4カ所の集いをまわりました。終了後夕方からは、地域の行事のチラシ配布、夜は管理組合理事会に出席しました。

8月30日のあらい真を励ます集い、が成功のうちに終わって以降、訪問などのスケジュールもかなりハードになってきました。そのため、昼間眠気に襲われることの多い一週間でした。からだはきついですが、堀田府議から引き継ぐ府議会の議席を何としても守るためには、頑張るのみです。

2014年9月13日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : makoto arai

9月6日 ー高齢者支援問題を考える市議団シンポジュウムを行い、沢山の方々にご参加いただきましたーー (2014.09.07)

3日は、早朝駅頭宣伝を幸村市議予定候補とともに早朝駅頭宣伝を行い、その後は残っていた地域の集金に周り、午後からは幸村市議予定候補と地域を訪問し、その後あらい・幸村ニュースの地域配布を行いました。

4日も、早朝駅頭宣伝を幸村市議予定候補とともに行った後、市役所に行って、6日の市議団主催のシンポジュウムの準備をし、午後からは、府議選選対会議、引き続いて府議市議候補者会議に出席しました。

5日の午前中は、地域のブロック選対会議に出席。午後からは9月議会本会議に出席しました。終了後は市議団会議を行いました。

6日の午前中は、13日に行われる敬老の集いの実行委員会に出席、午後からは市議団主催の高齢者問題を考えるシンポジュウムにコーディネーターとして参加しました。

国が医療・介護総合法案の中で、介護保険の中身を大きく改悪しました。その中で、介護保険要支援1,2の被保険者に対して、ボランティアによる支援を行おうとしていることに焦点を当てながら、介護における公的責任はどうあるべきか、そして市民による助け合い活動は今後どのように展開されていくのが望ましいのか、という点に焦点をあててこの日のシンポジュウムを行いました。

まず最初に出口文子市議団長が挨拶を行った後、パネラー4名から15分程度ずつ発言をしてもらいました。

最初に、豊中市高齢施設課課長の甲斐氏から、今回の介護保険の改正の中身、特に要支援1,2にかかわって説明がされました。

次に、大阪社会保障推進協議会事務局長の寺内氏からは、今回の介護保険改正が、プロのヘルパーのかわりにボランティア力を導入すること等、変えられようとしている制度の問題点が示され、今度の改正が安上がりの介護を実施しようとしている、との指摘がされました。

次に、豊中社会福祉協議会の勝部氏からは、介護保険などの公的な介護制度だけではつかめきれない市民の思いをしっかりくみ取る、「制度の隙間をうめる」仕事を社会福祉協議会が行ってきたこと、今後はよりいっそう地域社会でのお互いに支え合う関係づくりが大切になってくる、等のお話がありました。

そして最後は、介護現場で働くケアマネージャーの田原氏から、家事援助はプロのヘルパーでなくてもできのでは、という今度の改正案に対して、要支援でのプロのヘルパーの見守りによって高齢者を重症化させない様々なケアーを行っていること、それがボランティア力の導入によって行えるのか。

また、要支援対象者に行っている介護予防は効果がないという声もあるが、現場も高齢者自身もかなり努力している。しかし、やはり加齢による衰えにはあらがえない。今ですら現状なのに、改正によって重症化がよりすすむのではないか、という懸念がある。といった現場の生の声をお話いただきました。

その後会場から意見を質問や意見を頂きました。「予算についてはどうなっているのか」という質問には、寺内さんが、今回の改正によって介護給付費の伸びを抑えようとしている事を話されました。

また、今回の改正に対して「ボランティアの導入は公的責任の放棄ではないか」という意見に対して、市の甲斐氏は、「一律にボランティアを導入するのではなく、専門的な介護が必要な方は従来通りのプロのヘルパーによる介護となる。要支援と言ってもいろいろな方がおられるので、その方に応じたいろいろなメニューを用意しようということだ」と話されました。

これに対して寺内氏からは、「国は、従来通りのプロのヘルパーが介護するメニューだけでもOKと言っている。豊中市の場合は、社協が非常によくがんばっておられるので、市は現状の制度を維持し、そしてその制度ではまかなえない部分をこれまで取り社協が取り組まれていくのが良いのではないか」と述べられました。

介護事業に株式会社が参入していることについては、田原氏から「私自身は、社会福祉法人と株式会社の両方で働いた経験がある。先日報道されたように社会福祉法人でも悪いことをするところはある。大事なことは、その団体や会社の介護に対する姿勢が問われている、ということだ」と発言されました。

また勝部氏からは、「今度の制度改正の中で導入されようとしてるボランティア力の活用について今色々と言うことはできないが、大切なことは、地域の人達自身が結びついて助け合っていくという仕組みを生み出していくことだ」と発言されました。

そして最後に、お一人5分ずつまとめ発言を頂き、シンポジュウムを終了しました。

会場には、ほぼ満員となる約150名の参加者があり、成功のうちに終えることができました。今回のシンポで、新しい制度の問題点、および豊中市が今後とるべき制度のありかたが示されたように思います。

2014年9月6日 | カテゴリー : 介護 | 投稿者 : makoto arai

9月2日 ー「あらい真を励ます会」を無事終えることができ、そして孫もできましたー (2014.09.02)

img20140902194336[1]

7日は、服部天神駅で、山本正美市議、出口文子市議と早朝駅頭宣伝を行いました。その後は市議団控え室で、30日の励ます会の準備や、地域での赤旗の集金に回りました。

28日は、10時から市議団会議に出席、夕方まで会議の後、30日の打ち合わせのために会場のすてっぷホールに行きました。

29日は、午前中は市議団控え室で仕事をし、午後からは9月6日に行う市議団主催のシンポジュウムのパネラーと打ち合わせを行いました。その後は再び市議団控え室で仕事をし、夜は教え子の相談にのりました。

30日は、朝から家で、午後7時時から行う「あらい真を励ます会」の演説原稿の作成や最終準備チェックを行いました。
午後6時前には会場の準備のために豊中駅前のすてっぷホールに。開始直前にパソコンんがフリーズするなどしてちょっと焦りましたが、午後7時には無事開催。十中や十五中時代の教え子、元教員同僚、地域の友人、支持者の方々など182名の方にご参加いただきました。

上記みなさんによるお話、コント、そして私のギター演奏と替え歌(写真)など、大いに盛り上がりました。私の話に対しても、結構準備に時間をかけた甲斐あって、よかった、感動した、というお声をたくさん頂くことができました。この日は妻も来て裏方として働いてくれ、たくさんの方が来てくださって成功のうちに終わることが出来ました。来春に向けて頑張らねば、という決意を改めて固めた次第です。

31日は、朝、妻の携帯に、「無事生まれたよ!」との長女からのメール。午前中は赤旗新聞の拡大行動に参加し、午後から長女の入院している病院に行きました。
本格的な陣痛が始まって3時間で生まれるというスピード出産で、長女もとても元気そうでした。そして、初孫の蘭ちゃんとご対面。本当にかわいく、あらためて、この子達が安心して希望をもって暮らせる日本にしていかなければ、と思いました。

1日の午前中は赤旗新聞の拡大行動に参加。午後からは市民からの相談などの対応のために市役所に行きました。

2日は、幸村市議候補と早朝駅頭宣伝を行った後、10時から市議団会議に出席。午後3時頃まで会議を行った後、6日の土曜日にある市議団主催の高齢者シンポジュウムの準備を行いました。

2014年9月2日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : makoto arai