8月26日 ー全国学力テストで、また同じ失敗を繰り返すのかー (2014.08.26)

18日の午前中は市議団控え室で仕事をし、午後からは豊中市都市計画審議会に出席しました。

19日の午前中も市議団控え室で生活相談の対応などを行い、午後からは松下市議の地域の支部会議に出席しました。

20日は、山本いっとく市議と柴原駅で早朝駅頭宣伝。その後午前中は、豊中市社会保障推進協議会の豊中市との懇談会に出席。午後からは山本いっとく議員と街頭宣伝を行い、その後はお客さんが市役所に来られたのでお話を伺いました。夜は教え子の相談にのりました。

21日は、山本いっとく市議と少路駅で早朝駅頭宣伝を行い、その後は市議団会議に出席。午後からは候補者会議に出席し、その後は30日に行われる「あらい真を励ます会」実行委員会に出席しました。

22日は朝9時から新千里東町の夏祭りの準備に参加。昼過ぎまでかかって帰宅後、30日の打ち合わせで豊中駅前のすてっぷホールへ。

23日は、朝9時から新千里東町の夏祭りの準備に参加。その後は、東丘ダディーズクラブのお化け屋敷の手伝い、午後5時からは夏祭り本番で、前半は八中おやじの会のお好み焼き作りの手伝い、その後はお化け屋敷のスタート係として参加しました。

24日も朝9時から夏祭りの後片付け。ダディーズのメンバーと一緒に最後まで残って後片付けを手伝いました。帰宅は昼過ぎになりました。午後6時からは、豪雨の中でしたが、いつき市議地域の納涼会に出席。最後まで参加させてもらいました。

25日は朝から、建設水道常任委員会委員長として、東京八王子市と大田区に視察。26日の午後5時に帰宅しました。八王子では、「居住環境整備補助金」について、大田区では「空き家の適正管理に関する条例」について色々と説明を伺い、大変勉強になりました。
帰宅後は、午後6時から、台風で実施が中止となった新千里北町夏祭りの有志の方々が準備してくれた「残念会」に出席しました。

さて、全国学力テストの結果が発表され、昨年の成績が振るわなかった都道府県のうち成績がアップしたところの取り組みが、新聞や、テレビで紹介されていました。

確かに、学力テストの結果がよい他府県の実践を研究して、現場の実践に生かしていくことは大切なことです。しかし、全都道府県、さらに市町村や各学校などの成績を発表していく必要が本当にあるでしょうか。

点数をアップすることに大きな圧力がかかっていけば、必ず「学力テストでの成績をあげる」ための対策に重点をおかざるをえなくなります。その結果、学力テストに出るような傾向の問題を意識的取り組む、過去の問題を何度もやる、ことなどが優先されて、本来の学校教育の目的から逸脱するようなことが必ず起こってきます。

学力テストは、「あくまで先進的な取り組みの県の実践に学ぶ」ためのものとして活用すべきです。50年前の全国学力テストでは、テストの成績をあげるために現場が振り回される事態が起こりました。このままでは同じ失敗をまた繰り返すことは目に見えています。その最大の被害者は子どもたちなのです。