7月14日 ーまたも、維新府議の政務活動費不明朗支出が明らかにー (2014.07.14)

CA390466

9日の朝は、豊中駅北口で山本いっとく市議、いつき市議とともに宣伝活動を行いました。私の自己紹介パンフレットに安倍内閣が閣議決定した集団的自衛権の行使を批判するビラをセットにして配布したところ、いつもの2倍のビラが配布できました。 その後は市役所に行って質問準備の作業を行い、午後からは7月臨時議会本会議に出席しました。 10日の午前中は地区委員会で行われた候補者会議に出席。午後からは市議団控え室で質問づくりを行いました。そして夕方からは市議団会議を行い、質問原稿の検討を行いました。 11日の朝は、豊中駅西口でいつき市議と早朝宣伝。その後は、午前中は堀田府議と支持者宅を挨拶回りました。 午後からは市議団控え室で質問づくりを行い、夕方5時からは千里中央駅タクシー乗り場付近で、集団的自衛権反対の街頭宣伝を行いました(写真)。ビラの受け取りは非常に良くていつもの1.5倍のビラが配布でき、この問題での市民の関心の高さが改めてわかりました。夜は、地域団体の会議に出席しました。 12日の土曜日の午前9時から、蛍池ルシオーレホールで行われた堀田府議の最後の府政報告会に参加し、私も大阪維新の会のすすめる競争主義の教育について、25分程度お話をしました。 午後2時からは、事務所のある団地の検討委員会に委員長として出席。終了後午後5時頃から市議団控え室に行って仕事をしました。午後7時からは、8月30日に行う予定の「あらい真を励ますつどい」の実行委員会に出席しました。 励ますつどいでは、教え子、幼なじみ、元同僚らのスピーチ、友人達による教室コント等が披露されて楽しい企画となりそうですが、こちらもその準備が大変です。 13日の午前中も市議団控え室に行って仕事をし、午後からは地域の党員とともに活動しました。夜は、地域の自治会関係の会議に出席しました。 さて、野々村竜太郎前兵庫県議の政務活動費不正受給は、マスコミでも大きく取り上げられ話題となりましたが、大阪でも先日、大阪維新の会の奥野康俊府議(池田市)が、ホームページは閉鎖しているのに、「ホームページ運用費用」として実兄が経営する業者に政務活動費から3年間で262万円を支払っていたことが明らかとなりました(7月3日付け新聞)。 議員が「市民のための調査活動等を行うために使用が認められている税金」との認識をしっかり持っていれば、このような問題がおこるはずはありません。しかし、政務活動費を自らの特権のように考えている議員が未だにいるのです。 豊中市でも以前は、政務活動費(月一人7万円)の使途報告書に領収書添付は義務づけられていませんでしたし、飲食費等に使用する会派もありました。しかし日本共産党市議団は、そのころから領収書はすべて添付して報告し、飲食費などには一切使用していませんでした。そして、幹事長会等で使途報告書への領収書添付をずっと求めてきました。 その結果現在では、「政務活動費の取扱に関する内規(市のHPで公開)」で、政務活動費として使用できる内容や使用できない内容を明確化するとともに、項目によっては使用できる額に上限をもうけ、使途報告書には領収書を添付して支出した目的・内用などの詳細な明細を記入することを義務づけています。そして、この内規によって議会事務局の審査を受けており、現在では不明朗な使用は殆ど見られない状況となっています。 今後も市民の税金である政務活動費の適切な執行が行われるよう、しっかりと取り組んでいきます。

2014年7月17日 | カテゴリー : 政治 | 投稿者 : makoto arai

7月9日 ーヘイトスピーチ断罪判決は日本人の良心を示したものー (2014.07.09)

CA390452

5日は、朝八時から北丘公民分館・北丘校区福祉委員会主催の「輪投げ大会&七夕祭り」に主催者側の人間として参加しました。輪投げ、手作りおもちゃ、バルーンアート、かき氷、など子ども達は楽しそうに過ごしていました。
午後は、自宅で議会質問の作成をしました。夜は、党豊中地区委員会総会に出席しました。

6日は、朝から胃カメラの検査に行きました。私の場合、胃炎を患った形跡があるので、毎年胃カメラ検査をするように主治医からすすめられています。

今は鼻からカメラを入れる検査が普及しており、この日もその方法で行いました。麻酔をして口からカメラを入れる方が、こちらの意識がほとんどないので楽と言えば楽ですが、検査の大分前から行かねばなりませんし、健診後もしばらくボートした状態が続きます。その点、鼻からの検査は、検査30分前に行けば良く、帰宅後も普通に作業や仕事が出来ます。
無事検査も終わり、帰宅後は地域の行事に参加しました。

7日は赤旗日刊紙の配達後、原水爆禁止平和大行進(写真)に参加。その後は、市役所に戻って議会質問の作成を行いました。午後からは市議団会議に出席しました。

8日は、終日市議団控え室で、7月臨時議会にかかわっての資料を読んだり、質問づくりをしたりしました。

さて昨日、「在日特権を許さない市民の会」(以下在特会)が京都の朝鮮学校の周辺で大音響での街頭宣伝を行い、「犯罪者に教育された子ども」「朝鮮半島へ帰れ」などの怒号を浴びせた問題で、大阪高裁は、学校半径200メートル以内の街宣活動の禁止と1226万円の損害賠償の支払いを命じた京都地裁一審判決を支持する判決を下しました。
日本の司法は、様々な問題を持っていますが、この高裁判決は「日本人の良心を示した判決」と言えます。

私も街頭で在特会が行っているスピーチを聞きましたが、彼らが行っているのは脅し以外のなにものでもありません。彼らの街頭宣伝にさらされた朝鮮学校の子ども達は、未だに街頭宣伝におびえ、心に深い傷を負っているという記事が先日新聞に出ていました。

子ども達には何の罪もないのです。以前、朝鮮学校の子ども達が生卵を投げつけられた、との記事が出ていましたが、本当にこのような行為をする人たちは「日本人の恥」と言わねばなりません。「日本の国を愛する」や「日本の良き伝統」などをうんぬんするのなら、「日本人としての美徳」を心得て欲しいものです。

2014年7月9日 | カテゴリー : 政治 | 投稿者 : makoto arai

7月5日 ーナチス元幹部が語った手口と同じ、安倍政権のやり方ー (2014.07.05)

7月1日は、庄内西出口で早朝駅頭宣伝をしました。10中時代の教え子の親が声をかけてくれました。まあ教え子とも会いました。その後は市役所に行って仕事をし、午後からは退職職員の写真展を堀田府議と見に行きました。午後3時からは市議団会議に出席し、7月臨時議会の代表質問の内容について検討しました。

2日は、桃山台駅で早朝駅頭宣伝を行い、その後市役所に行って各常任委員長会議に出席しました。午後からは、来春統一地方選挙に立候補する大阪府下の予定候補が集まっての研修会が天王寺であり参加しました。
党中央政策委員会 社会保障分野責任者の谷本諭さんの話は大変興味深く勉強になりました。

3日の朝は、7月26日、27日に行う、東丘ダディーズクラブ主催の宿泊カレーパーティ申し込み受付に東丘小学校に行き対応。その後午前中は、わが娘三人が出産でお世話になった産婦人科の先生の相談にのるため、庄内まで行ってきました。
午後からは、市議団控え室で代表質問の準備等を行いました。

4日の朝もダディーズの受付、その後は地域の党支部選対会議に出席。午後からは市役所に行って7月臨時議会の準備等を行いました。午後7時からは、新千里北町夏祭り実行委員会事務局会議に実行委員会事務局長として出席しました。

さて、本日の赤旗日刊紙に、ナチスドイツの空軍の総司令官だったゲーリングの言葉が掲載されています。1946年4月18日に刑務所で被告の心理観察をしていた心理学者の大尉に語った言葉だそうです。

「国民はいつも指導者の命令に従うように仕向けられてしまう。それはとても簡単なことだ。国民が攻撃されると言い、平和主義は愛国主義が不足し、国を危険にさらしていると非難すればいい。他にやる必要なことはない」

まさに、今安倍政権が進めているやり方そのものです。実際にはあり得ないような事例を持ち出して集団的自衛権行使の必要性を声高に言い、国民の「憲法9条を守れ」という声には「平和ボケ」といって非難する。

はっきりとしていることは、集団的自衛権の行使によって戦争になったとしても、権力者達やその家族達は絶対に戦争には行かない、と言うことです。そして彼らは、集団的自衛権の行使を行えるようにすることで、軍需産業からまた多大な献金を受け甘い汁を吸おうというのです。

実際に戦争になれば、どれだけ国民が悲惨な目に遭うか。パレスチナ、イスラエル、シリア、イラク、ユーゴ他、数えればきりがありません。「戦争をしない国」を宣言し続けることこそ、日本がこれからも平和であり続けられる最善の方法なのです。

2014年7月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : makoto arai

7月1日 ー黒を白と平然と言いくるめる安倍政権の暴挙ー (2014.07.01)

26日の午前中は新聞赤旗の集金、午後からは新千里北町の夏祭りの協賛金依頼にまわり、午後4時30分からは日本共産党女性後援会の方々と、集団的自衛権行使容認反対の街頭署名活動を行いました。夜は、党の職場経営支部の会議に参加しました。

27日の朝は、いつき市議と豊中駅で早朝宣伝を行い、その後午前中は統一地方選挙豊中地区候補者会議に出席。午後からは市役所控え室で仕事をした後、7月臨時議会にかかわって市長との懇談を行いました。
夜は、豊中障害児者を守る会の総会に来賓として出席した後、教え子との飲み会に参加しました。

28日の午前中は、千里地域の党支部の総会に出席。午後からは堀田府議と蛍池刀根山地域の支持者に挨拶回りをしました。夜は、次女と次女の彼氏と妻と4人で梅田で食事をしました。次女の彼氏はなかなかの好青年でした。

29日の午前中は、事務所のある千里北町住宅管理組合の総会に出席。午後からは出口地域の党支部の総会に出席。その後は、千里地域で赤旗新聞の拡大を行いました。
夜は、幸村市議候補と赤旗新聞集金の引き継ぎの挨拶に回りました。

30日の午前中は、建設水道常任委員会の視察先について、副委員長とともに検討。午後からは、色々と事務仕事を市役所で行い、夕方からは市議団指導部会議で7月臨時議会代表質問の内容について検討しました。

さて、安倍内閣は、今日にでも集団的自衛権行使容認を閣議決定しようとしています。公明党も結局は容認にまわりました。
しかしこのやり方は本当にむちゃくちゃです。歴代の自民党内閣は「憲法9条の元では集団的自衛権は行使できない」と一貫して言ってきました。これが日本の政権が築いてきた憲法解釈です。従って集団的自衛権を行使しようと思えば、憲法9条を変えるしかないのです。憲法を変える、ということになれば国民的な議論が行われるでしょう。

ところが、安倍総理は卑怯にも、改憲が困難だとなると解釈で憲法を改悪しようとゆわけです。これは自民党の選挙公約には一切ありませんでした。先の参議院選挙では、自民党は自主憲法を制定して9条を変えることを公約として掲げていたのです。

しかも、この憲法解釈の根本的な転換を「解釈改憲ではない」というのですからもうめちゃくちゃです。黒を無理矢理白と言いくるめる。こんな横暴を平気で行いながら、学校教育での道徳教育の強化をとくなど、ちゃんちゃらおかしい、と言わねばなりません。

憲法は、国の根幹をなす法です。それを勝手に変えてしまうなら、法治国家としての存在の否定です。集団的自衛権行使について賛成でも反対でも、時の政権が憲法解釈を好き勝手することについて「賛成」という国民は殆どいないはずです。この暴挙は絶対に許してはなりません。

2014年7月1日 | カテゴリー : 政治 | 投稿者 : makoto arai