5月31日 ーリニアに政府が支援とは。また莫大な税金が無駄になるー (2014.05.31)

30日の午前中は議会運営委員会に出席。午後からは本会議に出席し、新副議長が決まりました。終了後は地域に戻って、この間ご無沙汰している方々のところに来週の府議選への挑戦のご挨拶に行きました。

31日は、午前・午後とも新聞赤旗の拡大に回りました。夜は臨時の地区委員会総会に出席しました。

さて、今日の夕刊に、リニアの大阪延伸の時期を前倒しすることを政府が方針にかかげることになった、との記事が出ていました。

リニアの開業は、2027年に東京・名古屋間を2045年に大阪・名古屋間を開業する当初の予定でしたが、このままでは大阪経済の地盤沈下が進みかねないとの判断から、政府が支援をして名古屋開業に大阪開業をできるだけ近づける方針に変更するそうです。

しかし、リニアは人口減がどんどん進む時代に必要な事業とはどうしても思えません。ほとんどがトンネルで、環境破壊への危惧も大きく、トンネルを掘ることで大量の残土が生まれその処理もまだ全く未定。従来はJR東海が単独で事業を行う計画でしたが、政府案では税金も大量に投入されることになりそうです。

急ぐ人は飛行機に乗れば良いのです。運賃もかなり高額になるでしょうし景色も見えないようなリニアにたくさんの人が乗るようになるとはとても思えません。

これからの世の中は、今まで建設した建物や鉄道・道路などの維持補修にお金をかけることを優先すべきです。鉄道は新幹線で十分で、リニアは無駄の最たる物、と私は思います。

狭い日本、そんなに急いでどこへ行く、ですよね。

2014年5月31日 | カテゴリー : 政治 | 投稿者 : makoto arai

5月29日 ー街中に残る蛍の里・千里緑地第4区ー (2014.05.30)

hotaru

28日の午前中は、こうむら直行さんが新千里北町に引っ越してきたので、北町の主だった方々に「これからは、北町のこうむら、で頑張ります」とこうむらさんと一緒にご挨拶に回りました。 午後からは地域の方々の力をかりて、こうむらさんと一緒にあらい真氏市政レポートを特定の配布協力者がいないマンション群などに、夕方まで配布にまわりました。夕方以降は、赤旗の集金にまわりました。 29日は、午前・午後と集金にまわりました。夜は、集金に行った後、吹田市の千里緑地第4区(山田西と高野台)に妻とともに蛍を見に行きました。 千里緑地第4区は自然の緑地が保全されている貴重な場所で、観光化もされていません。8時半頃に現地に行きましたが、そのころはまだ子ども達がたくさんいて結構ざわざわした感じでしたが、午後9時をすぎると静かになり蛍もたくさん見られました。 写真がないのが残念ですが、クリスマスツリーのチカチカする飾り付けのような光が暗闇中でとてもきれいに見ることが出来ました。 幻想的な蛍と自然の共演に、妻とともに、その場で30分程度見入っていました。

2014年5月30日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : makoto arai

5月27日 ー9月6日に高齢者問題でのシンポジュウムを行いますー (2014.05.28)

27日は午前10時から市議団会議に出席。9月6日に市議団主催で行う予定の高齢者問題シンポジュウムの事などについて議論しました。私はシンポジュウムではコーディネーターをつとめることになりました。わたくし的には、司会や議長などの「さばき役」は結構得意なのですが、この間ずっと総務常任委員会や文教常任委員会担当だったので、高齢者問題について専門家にまけないように改めてしっかりと勉強したいと思います。

午後からは本会議で、新議長が決まりました。その後は再び団会議を行い、終了後はお客さんに対応しました。
その後は帰宅して、新聞赤旗の集金に回りました。

府議候補になって面倒なことは、自らの予定表をしっかりと作って、それを市議団に提案して市議候補との行動などの予定を埋めていく作業です。自らのスケジュール表とは別にきちんとしたスケジュール表を作らねばならず、本当に手間がかかり肩がこります。

2014年5月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : makoto arai

5月26日 ー運動会や和太鼓祭りに参加しましたー (2014.05.26)

25日は、公民分館主催の体育祭や文化祭に出席しました。午前9時からは熊野田公民分館の体育祭に出席、その後は南桜塚公民分館、泉丘公民分館、北緑丘公民分館の体育祭に出席。いずれも来賓としてご紹介頂きました。

午後からは、新田公民分館の春の文化祭に参加させていただきました。新田公民分館の文化祭はいつも素晴らしい盆栽が展示されており、春と秋でその内容も異なっているので、なかなか見応えがありいつも感心しています。

その後は、緑地公園の野外音楽堂で行われた和太鼓祭りに参加しました。どの団体も素晴らしい演技でしたが、やっぱり地元で頑張っている八鼓はうまいなあ、と思いました。八鼓の演奏は聞き慣れているのでいつもの演技が普通に聞こえますが、他の団体と聞き比べてみると、やはり八鼓のうまさが改めてわかりました。帰宅後夕方からは、市政レポートをこうむら直之さんと一緒にマンション群にまきにいきました。

26日は、こうむら直之さんと早朝駅頭宣伝を行った後、午前10時より府会・市会候補者会議に出席。午後からは私のパンフレット作成の打ち合わせを業者と行い、午後四時からはこうむら直之さんとともに地域を訪問しました。

2014年5月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : makoto arai

5月24日 ー中学校給食を試食しましたー (2014.05.24)

22日の午前中は議会運営委員会に出席。昼食は、この4月から始まった中学校デリバリー給食(業者弁当)を議員団のみんなで試食しました。

内容は、ご飯、ツナとキャベツの入ったスパゲティ、酢の物、きんぴらごぼう、ハンバーグとゆで野菜少し、という内容。ご飯は温かいですが、おかずは衛生面を考慮し冷やした状態で配達されてきます。

味は薄味で特に美味しいということはないですが、まあ300円としたらこんなところかなあ、という感じ。ただやはり、家庭のお弁当よりは栄養バランスはあるなあ、と思いました。
午後からは本会議に出席。消費税増税による工事契約の見直しなどが提案されました。

23日の午前中は地域の党支部の会議に出席。私のこれまでの担当地域に、新たに上新田2丁目~4丁目が加わることとなり、そのことについて担当支部の責任者といろいろと話をしました。

午後からは、歓送迎会の寸劇の原稿書きのための取材に寺内小学校まで行ってきました。6月に東丘小学校元教頭・小西先生の歓送迎会が行われるのですが、ダディーズとしてはいつも転勤された先生のネタを寸劇にして演じています。その原稿はいつも私が書いているので、原稿を書くための取材に行ってきました。

夜は中之島中央公会堂で、志位和夫委員長を招いての演説会に参加しました。演説にさきだって、統一地方選挙前半戦の候補者が全員紹介されました。

24日の今日は、朝10時に蛍池公民分館の文化祭に出席。その後11時からは、豊中退職教職員の会の総会&懇親会に出席しました。午後2時30分からは、後援会員の方の相談を受け、午後6時からは府会選対会議に出席しました。

2014年5月24日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : makoto arai

5月22日 ー昨日は父の命日法要でしたー (2014.05.22)

20日は午前から午後にかかけて市議団会議。その後は控え室で仕事をし、夜は議会関係の懇親会に参加しました。

21日は父の命日で、午前中は箕面の実家で法要を行いました。

父が亡くなって八年が過ぎました。父は兄弟7人中4人も戦争で亡くす、という悲しみを経験し、戦後は大変貧しいくらしの中で生きぬいてきただけに、優しくおおらかな性格で、家族、仕事関係、地域、友人と実に多くの方から慕われ尊敬されていました。

亡くなった時は72才で、すでに現役を退いていたにもかかわらず通夜と葬儀で700名もの方々が来て下さったのも、その現れだったと思います。
それだけに、今でも「もっと色々な話を聞いておけば良かった」「亡くなるまでにもっと優しくしてあげれば良かった」との思いがあります。

じゃあ、母に対してはどうなのかというと、元気でいるとつい普段はあまり連絡をせずご無沙汰状態になりがちです。父の命日に、改めて母に対しても後悔しないように接してしかなければ、と思いました。

午後からは、市民の方からの相談に対応し、帰宅後は色々と資料に目を通しました。この日は少しゆっくり出来ました。

2014年5月22日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : makoto arai

5月20日 ー給付金奨学金制度の充実はやはり必要、と感じましたー (2014.05.20)

5月19日は、早朝駅頭宣伝をこうむら直行さんと行いました。色々な方から、「読みましたよ。次は府会に挑戦されるんですね。頑張って下さい」と声かけを頂き、大変勇気づけられました。

その後は、堀田文一府議と庄内地域の支持者宅を訪問しました。訪問後、音大近くのお店に入って昼食をとりながらお店の方とお話をし、「昔、十中で教師をしてたんです」と言うと大変親近感を持って下さり話が盛り上がりました。

その後は、音大前で、学生の方に「学費に関するアンケート」活動を行いました。最初はなかなか応じてもらえませんでしたが、だんだんと答えてくれる学生も増えました。
途中で音大の講師の先生ともお話をすることが出来ました。先生曰く、「以前は、けっこう裕福な学生がおおかったけど、最近は奨学金を借りている学生が多い」ということでした。

アンケートに答えてくれた学生の中には、「800万円も奨学金を借りることになる。返済を考えると将来が不安」と話す学生もいました。先進国の中で給付制奨学金制度がないのは日本ぐらいです。能力ややる気はあるが経済的に厳しい子ども達が、借金する不安なしに学べるようにしていかなくてはなりません。

その後は市役所に戻って、相談活動の対応など色々と仕事をしました。

2014年5月20日 | カテゴリー : 政治 | 投稿者 : makoto arai

5月19日 ー教え子がから声をかけてもらい、大変嬉しかったですー (2014.05.19)

18日は朝9時から、豊中で今年のトップを切って行われた豊南公民分館主催の体育祭に参加しました。

今までは担当の千里・緑丘・上新田地域の体育祭にしか参加しませんでしたが、府会予定候補となったので豊中全域を駆け巡ることとなったわけです。

松下市議と9時に待ち合わせをして会場の豊南小学校に行って運動場を歩いていると、突然「あらい!」と呼ぶ女性の声。振り返ると体格のいい女性Aさんがいるのですが名前がわかりません。「どちらさん?」と聞くと「○○や!」と。名前を聞いてすぐ10中時代の教え子だと思い出し、懐かしい対面となりました。

Aさんは、私が10中に赴任して最初に担当した副担任のクラスの生徒で、授業でも教えていました。26年ぶりにもかかわらず、一目で私だとわかって声をかけてくれたことに大変感激しました。

また、今までは出向かなかった庄内地域の運動会に私が顔を出したことで、他の来賓の方々から「おー、いよいよやなあ」という声も聞かれました。

その後10時からは、山本正美市議の党支部の会議に顔を出し、11時からは出口市議ブロックが開いたバザーに出向いて、支持者の皆さんにご挨拶をさせて頂きました。

午後1時からは、新千里東町の地域自治協議会総会に出席。終了後は、帰宅して少し休憩して午後4時30分から山本いっとく市議の市政報告会に出席。来年府議選での支援を訴えた後懇親会に参加しました。

また、午後8時からは地域の方からの相談を事務所で受け終了は午後9時30分でした。今日も多忙な一日でした。

2014年5月19日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : makoto arai

5月17日 ー府議予定候補として、忙しい毎日を過ごしていますー (2014.05.17)

府議予定候補として動くようになり、当然と言えば当然ですが、今までに比べて格段に忙しくなりました。私は千里担当の市議会議員ですので、地域行事も今までは千里地域だけ対応していましたが、府議予定候補となると豊中市全域となります。また、今から挨拶回りも幅広く行わねばなりません。
そうなると、どうしてもHP等の更新はあとまわしになってしまいます。そこで、HPをできるだけ更新するために、日記帳のHPにもどすことにしました。時には、ある一定のまとまった考えを書くこともありますが、基本は日記に戻します。

5月11日の午前中は、豊島西公民分館の文化祭に出口文子市議会議員と参加、その後は民主団体の支部会議に出席し府議候補として挨拶。午後からは地域の福祉委員会の総会に出席。夕方から新千里北町会館運営委員会に出席後、新千里地域自治協議会の会議に出席しました。

12日は、早朝駅頭宣伝を、私の後任の市議予定候補である「こうむら直行」日本共産党豊中地区市民のくらし相談室長と市政レポートを配布。午後からは堀田文一府議会議員と支持者宅を挨拶訪問。

13日は朝から、毎年年度初めに行って市議団の体制などを話し合う市議団総会に終日出席。来年の統一地方選挙に向けて、どのような体制でのぞんでいくのかを議論しました。

14日の午前中は昨日に引き続いて市議団総会に出席。午後からは、こうむらさんとともに市政レポート配布協力者宅に市政レポートを配達してまわりました。

15日の午前中は議会運営委員会に出席。午後からは、大阪府委員会で行われた来年の統一地方選挙に向けた候補者会議に出席しました。夜は、市議団の懇親会で楽しく過ごしました。

16日は、早朝駅頭宣伝を実施後、地域の党支部の指導部会に出席。午後からは堀田府議を挨拶まわりを行いました。夕方からは、翌日に行われる地域の会議のための資料づくりを行いました。

17日の今日は、朝8時30分から、東丘ダディーズクラブ主催の「新入生歓迎焼き肉パーティー」に参加し、ゲームの司会進行など、主催者側として忙しい一日を過ごしました。午後3時頃帰宅して少し休憩し、午後5時からは顧問をつとめる北丘公民分館の会議に出席しました。

2014年5月17日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : makoto arai

5月17日 ー橋下市長の「若造」発言に対する日本共産党大阪市議会議員団の見解ー (2014.05.17)

橋下市長が日本共産党の議員に対して「若造」と言い、市議団の質問に対してまともな答弁をしなかったことについて、大阪市議団の見解が出ていますので、以下紹介します。

(日本共産党大阪市議会議員団の見解)
5月14日の大阪市会本会議で、日本共産党大阪市会議員団を代表して北山良三議員が橋下徹市長に一般質問を行った。

その際、橋下市長は答弁の冒頭で「非礼な態度で返させてもらいたい」と宣言し、事実、「非礼な答弁」を繰り返した。木下議長は、2度にわたって「誠実な答弁」を市長に求めたが、改まらなかった。そこで、議長の判断と議員の多数の賛成で、こんな不正常な状態を続けさせられないと、質疑の途中ではあったが本会議を中断させざるを得ないという前代未聞の事態となった。中断の間、議長による「正常化にむけた調整」が行われ、1時間40分ののち再開され、市長は「通常の答弁」にもどし、北山議員の残りの質問と答弁が行われ終了した。

この事態について、マスコミを通じて広く報道されたが、一部には不正確なものやことの本質からはずれた報道もある。
よって、わが党議員団は、あらためて今回の事態に関連する重要な経過と見解を明らかにしたい。

1.橋下市長が「非礼な態度で返させてもらいたい」と宣言した理由について

①市長が本会議という場で「非礼な態度」をとる理由として、演壇での発言であげた内容は、次のようなものであった。

●日本共産党大阪市会議員団に、礼儀をわきまえない「若造議員が一人いて、議場でにらんできたり、エヘラエヘラと人を小馬鹿にしたような笑い顔をしたり、ブツブツ言ったり」する。

●その議員は、議場で「僕と論戦したことがない」「僕を呼ばない」でこういうことをやっている。

●今回の一般質問は会派を代表してのものだから、会派として「その若造の教育を してもらわない限りは、非礼な態度で返させてもらいたい」。

②わが党議員団は、こんな根拠で、本会議での市長の「非礼な態度」が許されるものではないと考える。

●市長が指摘した「若造議員の非礼な態度」とは、一体いつのことなのか。少なくとも、この日の言動をさしての指摘ではないことははっきりしている。中断中の調整の中で、「若造議員」が誰を指してのことかは特定されたが、議長から、この日の態度に何ら問題はなかったことが表明されている。つまり、これまでの一連の態度を指しているということである。仮に、この議員に「非礼な態度」があったとするなら、市長は、これまでの間に議長を通して「改善を求める」べきであって、無関係な本会議での答弁での「非礼な態度」で「報復する」などというのは、市長にあるまじき行為である。

●市長が言う「非礼な態度」とは、きわめて主観的で一方的な決めつけである。「にらむ」「笑う」「ブツブツ言う」などという行為が「非礼な態度」かどうか、市長の主観でしかない。こういう行為は、議事を妨害したり議会の品位を貶めるものではないのである。

●市長の「僕と論戦したことがない」という発言は、事実と違う。この議員は、常任委員会や特別委員会で橋下市長と直接の論戦を行なっている。市長は、事実を確かめもしないで、本会議の場でこのような発言をすること自体、許されるものではない。

③橋下市長は、どんな理由があっても、本会議や各委員会で「非礼な態度」をとってはならないのであり、今回のような態度は二度と繰り返してはならない。

2.本会議での議員の質問に市長がまともな答弁をしなかったことについて

今回の橋下市長の「非礼な態度」によって、わが党議員団の一般質問の大部分にわたって、市長としてまともに答弁しなかったという事実が残る。このことは、結果として本会議での「答弁拒否」ということと同じことであり、議会制民主主義にとっての極めて重大な問題である。これは、わが党議員団に対してだけでなく、議会全体に対するあってはならない態度である。

3.わが党議員に対する侮辱的言動について

橋下市長は、本会議の答弁の中で、質問とは無関係にわが党所属議員に対して、「若造」との侮辱的発言を繰り返した。また、「僕と論戦したことがない」と事実と異なる発言をした。わが党議員団は、この点において「発言の撤回と謝罪」を求め、議長による調整の結果、橋下市長は、この2点の発言を撤回する旨の態度を示した。しかし、わが党議員団や当事者への謝罪は表明されていない。あらためて抗議するとともに、こういうことが繰り返されないように強く求める。

なお、本会議中断直後に、わが党議員が橋下市長の席におもむき、話をしている場面が様々に伝えられているが、この2点の間違いを正すよう求めたというのが事実である。

4.中断後の本会議再開に向けての議長の調整とわが党議員団の態度について

本会議再開に向けて、中断の原因となった橋下市長の「不誠実な答弁」に対して、議長はこれを改めるよう市長に求め、市長はこれを受け入れた。

議長は、その内容をわが党議員団に伝えるとともに、議事再開に向けての協力を求めた。その協力の内容として、わが党議員の本会議場での態度を改めるよう議員団として検討してほしいとの市長の意向が伝えられ、議事再開のため議長の申し出を受け入れた。

わが党議員団は、正々堂々とした「事実や道理にもとづいた論戦」をいっそう強め、議場での議員としての節度ある態度をとることを確認しあった。

以上の経過と見解を明らかにするとともに、今後も市民の立場を貫いて、わが党議員団に求められている役割をしっかり果たしていくよう、決意を新たにする。

2014年5月17日 | カテゴリー : 政治 | 投稿者 : makoto arai