4月29日 ーイラク戦争はいかに多くの米兵や自衛隊員を苦しめたかー (2014.04.29)

25日は団会議で、夕方から相談を受け、その後地域の会議に出席。26日は市役所控え室に行って夕方まで仕事をし、夜は地域の会議に出席。
27日の午前中は地域の行事に参加し、午後からはほくせつ医療生協豊中診療所所長の中塚医師の「医師30周年記念パーティー」に出席しました。夜は地域の会議に出席し、その後集金に回りました。
28日は、庁内日刊紙配達の後、府議選対会議に出席。午後からは市役所に戻って市民からの相談の対応。夕方からは地域に戻ってよるまで集金に回りました。

28日の赤旗日刊紙に、千葉・幕張メッセで開いていていたインターネット動画サイト「ニコニコ動画」http://www.jcp.or.jp/web_tokusyu/2013/03/post-10.htmlのイベント「ニコニコ超会議3」のことが掲載されていました。日本共産党のブースでは26日の志位和夫委員長とジャーナリストの角谷浩一さんとの対談が掲載されていました。以下その一部です。

志位:これ(集団的自衛権)が若者に何をもたらすか。NHKの特集で、イラクに派兵された自衛隊員のべ1万人のうち1~3割が精神の不調を訴え、28人が帰国後に自殺していると伝えられた(会場からどよめき)。アメリカの場合は、アフガン・イラク戦争からの帰還米兵の3分の1の60万人がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患い、1日平均22人が自殺で亡くなっている。

戦争に駆り出されるのは若いみなさんです。自衛隊の場合は「非戦闘地域」という建前だったけれど、それでも危険な業務で心が傷つき、自殺で命を落としている。文字通りの戦闘地域で戦闘活動に携わったアメリカの青年の場合は、たくさんの戦死者が出ただけでなく、戻ってきた人も心の病がより深刻です。これが戦争なのです。集団的自衛権の行使というのは紙のうえだけの話じゃない。若者がそういう状況に追いやられるっていうことですよ。若者を戦場に送るな!これをいいたい。

共産党は、党をつくって92年、一貫して侵略戦争に反対した歴史を持っていますから、ここは頑張りどころです。若者を戦場に送っちゃいけない。若者を「殺し、殺される」ような場面に送り出しちゃいけないと強く訴えたい。

角谷:国防に携わる自衛官の人たちだって海外の戦場に行くとなったら“雇用条件”が変わることになりますね。

志位:そうですね。自衛官の「服務の宣誓」では、「我が国の平和と独立を守る自衛隊の使命」を自覚して、責務の完遂に務めるとある。そういうつもりで入隊したのに、海外での米国の戦争に参加してたたかうことになったら、話が違うということにもなる。自衛隊で働く若者のことを考えても、この道は進んではなりません。

自衛隊のイラク派遣後、関係者の28名もが自殺しているのは本当に驚きです。直接戦闘をしない地域でも戦争とはそれほど人の心を病ませるものなのです。 アメリカでは60万人ものイラク帰還兵がPTSDになっている。日本でこのような事態を拡大させては絶対にならないと、改めて思いました。

2014年4月29日 | カテゴリー : 政治 | 投稿者 : makoto arai

4月24日 ー来年統一地方選挙に向けて、全力で頑張ります!ー (2014.04.24)

市議補選が終わりました。結果は、日本共産党のこうむら直行さんが1万4198票、自民党のいもとひろかず氏が2万7201票、無所属の田中うらら氏が8667票でした。最終投票率は16.48%でした。 今回の補欠選挙は、市長選挙が行われない中での単独の選挙となったためにかなりの低投票率となりました。その中で、前回参議院選挙での投票率が55.72%、日本共産党の比例得票が18414票だったことと比較すると、投票率が3分の1以下になったにもかかわらずまずまずの得票ができたと思っています。 田中うらら氏も、選挙公報に「特定秘密保護法の廃止を求める意見書を市議会であげる」ことを公約に掲げておられましたから、安倍政権に一定批判的な票は、こうむら、田中の合計で約2万3000票となり、投票総数の約46%となります。従って、もし立候補者が保守系2人とこうむらさんとの3名だったら、もっと接戦になっていたでしょう。 しかし一方で、田中氏が思った以上に得票したのも確かです。このことは、安倍政権に対する批判が増しても、それが自動的に日本共産党への票に結びつくわけではないことを示しているとも言え、来年の統一地方選挙に向けてより一層の努力と工夫が私達に求められていることを痛感しました。 来年の府議会議員選挙は、現在の定数5が4に減りますから相当な激戦となります。また、市議候補は6名となりますが、担当地域が変わり引退議員も出るのでこちらも相当厳しくなります。大阪で維新の会の政治を終わらせ、安倍政権の憲法改悪路線にストップをかけるために、日本共産党の府議会と市議会の議席を何としても守るため全力で頑張りたいと思います。

2014年4月24日 | カテゴリー : 政治 | 投稿者 : makoto arai

4月14日 ー退潮維新 擁立できずー (2014.04.14)

今日の毎日新聞夕刊には、豊中市長選挙への立候補が淺利現市長だけで、維新の会は候補者を擁立できなかったことが上記表題の見出しで書かれていました。
淺利豊中市長は、大阪都構想には反対をはっきりと表明し、橋下大阪市長の日本軍慰安婦発言に対しては、「不適切で到底容認できない」と明確に議会で答弁されました。
勢いのある時の維新の会ならば絶対に対立候補を擁立して淺利市長をつぶしにかかったでしょう。  維新市長になれば市政がとんでもなく悪い方向にすすむことは他市の例からも明らかだったので、私たち日本共産党は、淺利市長のこれまでの反維新の姿勢を評価し、「候補者を擁立せず、維新候補が出馬した場合は淺利市長を支援する」と最終的に決定しました。
もちろん、結論に至るまでは党内でも侃々諤々の議論があったことは当然です。しかし、最終的には上記のような結論となったわけです。私もここに至るまでに随分と労力を使いましたが。
一方で、淺利市政も色々と課題はあります。ですから、議会での日本共産党の議席を増やして市政をさらに前進させる方向にすすめるた、こうむら候補を擁立して市議会議員補欠選挙を闘っています。
こうむら候補の選挙カーに昨日、今日と乗ったのですが、思った以上に市民が手を振ってくれます。政党で候補者を擁立をしているのは自民党と日本共産党だけです。安倍政権のすすめる消費税増税、社会保障改悪、なし崩し的な解釈改憲にノーの声をつきつけたい、と思っている市民がだんだんと増えてきているのでしょうか。

2014年4月14日 | カテゴリー : 政治 | 投稿者 : makoto arai

4月10日 ー友人のお母さんの件で、堺まで行ってきましたー (2014.04.10)

7日は、午前中は地元の小学校入学式、午後からは中学校入学式に来賓として出席しました。それ以外は、4月20日に行われる市議会議員補欠選挙にむけての活動を行いました。
8日は、午前中は地元の私立幼稚園の入園式に来賓として出席、午後からは地域団体の行事についての打ち合わせを行い、その後は市議補選に向けての活動を行いました。

9日の午前中は、4月7日付けブログで紹介した、認知症になられた友人のお母さんの件で堺まで行ってきました。
あらかじめ連絡を入れておいたグループホームに、友人の妹さんとともに伺って色々とお話を聞きました。そのグループホームは医療法人が経営しており、医療体制では病院と連携がとれているのでとても心強く感じました。また、職員さんの対応も、てきぱきとしているとともに親切で、ここなら大丈夫だと感じました。

その後堺の区役所へ。ご両親の貯金がなくなったあと、ご両親の生活費を友人と妹さん2人だけで工面するのはとても難しいので、今後のことを区役所に確認行きました。
その結果、事前に私が確認していたとおり、「友人と妹さんで可能な援助はしてもらうが、足らない費用は行政が生活保護として認定して補填すること」を職員から直接聞くことができ、妹さんも安心したようでした。

とりあえず、グループホーム入所と今後の経済的な見通しがたったので、私としても一安心でした。友人からは「神様、仏様、新居様や」と感謝のメールが届きました。力になれて本当に良かったです。

午後からは、事務所に帰って市議会議員補欠選挙に向けた取り組みを行いました。

2014年4月10日 | カテゴリー : 介護 | 投稿者 : makoto arai

4月7日 ー友人から、ご両親の介護のことで突然の相談ー (2014.04.07)

数日前に横浜に住む高校時代からの友人A君から久しぶりに電話があり、GWに飲みに行く約束をしました。
ところが、昨日そのA君から突然電話がありました。「府下のS市に住む父が脳梗塞で寝たりきり状態で母が軽い認知症だったが、ここにきて急に母の認知症がすすみトイレもわからない状態になっている。とても2人きりで生活できる状態ではなく、面倒を見ている妹も限界にきている」という相談でした。

この場合、①お母さんを施設に入所してもらうことが一番ですが、問題は空きがあるかどうか。それから、②ご両親の年金が少ないため、今若干の貯金があるものの、貯金がなくなった場合にお母さんの施設の費用をどうやって賄うか。この二つを問題をクリアーしなければなりません。

そこで、市の生活福祉課にも相談し、S市に連絡を入れました。その結果、「当面は貯金を取り崩して施設の費用とお父さんの生活費を工面してもらい、貯金がなくなった段階で、お父さんとお母さんの両方を生活保護で面倒見る」という返事をいただきました。その際、友人らが可能な範囲で支援を求められることは当然ありますが。

そこで、次はグループホームの空き状況をS市のホームページで調べ、空きのある施設に電話。費用と将来生活保護になっても入所し続けることが出来るかなどを問い合わせ、いくつかのグループホームが入所可能なことがわかりました。
そこで、早速その事を友人に連絡し、早急に対応するように伝えました。

今回のような場合、私のように生活保護と介護施設の情報について一定の知識がある人間は迅速に動くことが出来ます。しかし、一般の市民がこのような状況になった時、頼れるのは基本的にはケアマネージャーしかいません。しかし、そのケアマネージャーも、経済的なことなどをすかさず判断できる方は少数のようですし、友人のご両親担当ケアマネともお話ししましたが、その方の場合は、施設の空き情報がS市のHPに出ていることについても把握されていませんでした。

ケアマネージャーには、ケアプランの作成だけでなく、福祉全般に関する知識が必要であることを改めて感じましたし、そのような力量をつけて頂けるように市としても啓発していく必要も感じました。

2014年4月7日 | カテゴリー : 介護 | 投稿者 : makoto arai

4月1日 ー政府に対する信頼がないと、消費税増税でますます不況は深刻に!- (2014.04.01)

29日は、こうむら直行さんの事務所開きに参加しました。参加者は200名にのぼり、近年にない盛り上がりがありました。
30日は千里中央駅で、こうむら直行さんと宣伝行動。午前中は雨と風がきつく、ビラがぬれて大変でした。
31日は午前中は地域の集金に、午後からは市役所で仕事をしました。

今の日本が景気が悪い原因の一つは、企業が内部留保をどんどんため込むだけでなく、国民も将来に不安があるために貯金をしていくことにあります。
貯蓄は、国債や株の投資、企業融資などにまわりますが、企業融資は企業の売りあげが増える見通しがなければ増えません。
従って、貯蓄がどんどんと増えていくことは、それだけ消費にまわるお金が少なくなっていくということになります。消費に回るお金が少なければ経済はよくなりません。

そして今日から消費税増税。社会保障に使う、と政府は言いますが、その政府の言うことを信用している国民は殆どいません。なぜなら、自民党は「自助努力」つまり、自分のことは自分で面倒みろ、という考えですから。従って、「消費税が増財されて今後益々くらしが大変になる」という思いを国民はますます持つでしょうし、そのため今後、将来に備えて貯蓄をする人が増えていくでしょう。

また一方で、貯蓄が出来ない人も増えています。消費税増税は、国民を不安に陥れ、日本の経済を益々不況に追い込んでいくだけでなく、一方で、経済的に困窮する国民を更に増やしていくことになっていくのです。これでは日本の国が良くなっていくはずがありません。
増税は、政府に対する国民の信頼がないと、どんどんとマイナス方向に進んでいくのです。

2014年4月1日 | カテゴリー : 消費税 | 投稿者 : makoto arai