9月6日 ー高齢者支援問題を考える市議団シンポジュウムを行い、沢山の方々にご参加いただきましたーー (2014.09.07)

3日は、早朝駅頭宣伝を幸村市議予定候補とともに早朝駅頭宣伝を行い、その後は残っていた地域の集金に周り、午後からは幸村市議予定候補と地域を訪問し、その後あらい・幸村ニュースの地域配布を行いました。

4日も、早朝駅頭宣伝を幸村市議予定候補とともに行った後、市役所に行って、6日の市議団主催のシンポジュウムの準備をし、午後からは、府議選選対会議、引き続いて府議市議候補者会議に出席しました。

5日の午前中は、地域のブロック選対会議に出席。午後からは9月議会本会議に出席しました。終了後は市議団会議を行いました。

6日の午前中は、13日に行われる敬老の集いの実行委員会に出席、午後からは市議団主催の高齢者問題を考えるシンポジュウムにコーディネーターとして参加しました。

国が医療・介護総合法案の中で、介護保険の中身を大きく改悪しました。その中で、介護保険要支援1,2の被保険者に対して、ボランティアによる支援を行おうとしていることに焦点を当てながら、介護における公的責任はどうあるべきか、そして市民による助け合い活動は今後どのように展開されていくのが望ましいのか、という点に焦点をあててこの日のシンポジュウムを行いました。

まず最初に出口文子市議団長が挨拶を行った後、パネラー4名から15分程度ずつ発言をしてもらいました。

最初に、豊中市高齢施設課課長の甲斐氏から、今回の介護保険の改正の中身、特に要支援1,2にかかわって説明がされました。

次に、大阪社会保障推進協議会事務局長の寺内氏からは、今回の介護保険改正が、プロのヘルパーのかわりにボランティア力を導入すること等、変えられようとしている制度の問題点が示され、今度の改正が安上がりの介護を実施しようとしている、との指摘がされました。

次に、豊中社会福祉協議会の勝部氏からは、介護保険などの公的な介護制度だけではつかめきれない市民の思いをしっかりくみ取る、「制度の隙間をうめる」仕事を社会福祉協議会が行ってきたこと、今後はよりいっそう地域社会でのお互いに支え合う関係づくりが大切になってくる、等のお話がありました。

そして最後は、介護現場で働くケアマネージャーの田原氏から、家事援助はプロのヘルパーでなくてもできのでは、という今度の改正案に対して、要支援でのプロのヘルパーの見守りによって高齢者を重症化させない様々なケアーを行っていること、それがボランティア力の導入によって行えるのか。

また、要支援対象者に行っている介護予防は効果がないという声もあるが、現場も高齢者自身もかなり努力している。しかし、やはり加齢による衰えにはあらがえない。今ですら現状なのに、改正によって重症化がよりすすむのではないか、という懸念がある。といった現場の生の声をお話いただきました。

その後会場から意見を質問や意見を頂きました。「予算についてはどうなっているのか」という質問には、寺内さんが、今回の改正によって介護給付費の伸びを抑えようとしている事を話されました。

また、今回の改正に対して「ボランティアの導入は公的責任の放棄ではないか」という意見に対して、市の甲斐氏は、「一律にボランティアを導入するのではなく、専門的な介護が必要な方は従来通りのプロのヘルパーによる介護となる。要支援と言ってもいろいろな方がおられるので、その方に応じたいろいろなメニューを用意しようということだ」と話されました。

これに対して寺内氏からは、「国は、従来通りのプロのヘルパーが介護するメニューだけでもOKと言っている。豊中市の場合は、社協が非常によくがんばっておられるので、市は現状の制度を維持し、そしてその制度ではまかなえない部分をこれまで取り社協が取り組まれていくのが良いのではないか」と述べられました。

介護事業に株式会社が参入していることについては、田原氏から「私自身は、社会福祉法人と株式会社の両方で働いた経験がある。先日報道されたように社会福祉法人でも悪いことをするところはある。大事なことは、その団体や会社の介護に対する姿勢が問われている、ということだ」と発言されました。

また勝部氏からは、「今度の制度改正の中で導入されようとしてるボランティア力の活用について今色々と言うことはできないが、大切なことは、地域の人達自身が結びついて助け合っていくという仕組みを生み出していくことだ」と発言されました。

そして最後に、お一人5分ずつまとめ発言を頂き、シンポジュウムを終了しました。

会場には、ほぼ満員となる約150名の参加者があり、成功のうちに終えることができました。今回のシンポで、新しい制度の問題点、および豊中市が今後とるべき制度のありかたが示されたように思います。

2014年9月6日 | カテゴリー : 介護 | 投稿者 : makoto arai

6月6日 ー高齢者問題にかかわって、事業者から市への厳しい意見ー (2014.06.06)

6月3日の午前から午後にかけては市議団会議に出席。その後は、9月に行う高齢者問題のシンポジュウムに向けてのアンケートをお願いするために介護関係事業者をいくつか回りました。

その中である事業者の方は、「私達は、市からあくまで業務の委託を受けているにすぎず、被保険者に対する最終責任まで委託されているわけではない。民間には市のような措置権限はない。市は、市民に対してよりより対応をしていく責任は自らにあることを自覚してほしい。市は、ここから先は市の責任でやります、ということがわかるようなガイドラインをきちんと定めてほしい」と言われていました。

同じようなことは、以前も他の事業者の方からお聞きしました。改めてこの問題について取り組んでいきたいと思います。

4日は、こうむら直行さんと朝の駅頭宣伝を行った後、午前中は山本いっとく議員と春日町地域の支持者宅を中心に訪問。訪問の中で、「今の安倍政権の進めようとしている解釈改憲に対して毅然としてたたかえるのは、政党では共産党しかないから場頑張って」との声を
たくさんいただきました。

午後からは、いつき澄江議員とともに、地元の商店街を挨拶に回りました。ここでも、安倍政権の解釈改憲に対して批判的な声がたくさん聞かれました。安倍政権のすする解釈改憲に対しては、思った以上に批判の声がちまたにはある、という感じを受けました。

5日は、午前中は議会運営委員会に出席。午後からは本会議で、各常任委員会の所属等が決まり、今年度私は、建設水道常任委員長になりました。本会議終了後は、教え子や市民からの相談に対応しました。

2014年6月6日 | カテゴリー : 介護 | 投稿者 : makoto arai

4月10日 ー友人のお母さんの件で、堺まで行ってきましたー (2014.04.10)

7日は、午前中は地元の小学校入学式、午後からは中学校入学式に来賓として出席しました。それ以外は、4月20日に行われる市議会議員補欠選挙にむけての活動を行いました。
8日は、午前中は地元の私立幼稚園の入園式に来賓として出席、午後からは地域団体の行事についての打ち合わせを行い、その後は市議補選に向けての活動を行いました。

9日の午前中は、4月7日付けブログで紹介した、認知症になられた友人のお母さんの件で堺まで行ってきました。
あらかじめ連絡を入れておいたグループホームに、友人の妹さんとともに伺って色々とお話を聞きました。そのグループホームは医療法人が経営しており、医療体制では病院と連携がとれているのでとても心強く感じました。また、職員さんの対応も、てきぱきとしているとともに親切で、ここなら大丈夫だと感じました。

その後堺の区役所へ。ご両親の貯金がなくなったあと、ご両親の生活費を友人と妹さん2人だけで工面するのはとても難しいので、今後のことを区役所に確認行きました。
その結果、事前に私が確認していたとおり、「友人と妹さんで可能な援助はしてもらうが、足らない費用は行政が生活保護として認定して補填すること」を職員から直接聞くことができ、妹さんも安心したようでした。

とりあえず、グループホーム入所と今後の経済的な見通しがたったので、私としても一安心でした。友人からは「神様、仏様、新居様や」と感謝のメールが届きました。力になれて本当に良かったです。

午後からは、事務所に帰って市議会議員補欠選挙に向けた取り組みを行いました。

2014年4月10日 | カテゴリー : 介護 | 投稿者 : makoto arai

4月7日 ー友人から、ご両親の介護のことで突然の相談ー (2014.04.07)

数日前に横浜に住む高校時代からの友人A君から久しぶりに電話があり、GWに飲みに行く約束をしました。
ところが、昨日そのA君から突然電話がありました。「府下のS市に住む父が脳梗塞で寝たりきり状態で母が軽い認知症だったが、ここにきて急に母の認知症がすすみトイレもわからない状態になっている。とても2人きりで生活できる状態ではなく、面倒を見ている妹も限界にきている」という相談でした。

この場合、①お母さんを施設に入所してもらうことが一番ですが、問題は空きがあるかどうか。それから、②ご両親の年金が少ないため、今若干の貯金があるものの、貯金がなくなった場合にお母さんの施設の費用をどうやって賄うか。この二つを問題をクリアーしなければなりません。

そこで、市の生活福祉課にも相談し、S市に連絡を入れました。その結果、「当面は貯金を取り崩して施設の費用とお父さんの生活費を工面してもらい、貯金がなくなった段階で、お父さんとお母さんの両方を生活保護で面倒見る」という返事をいただきました。その際、友人らが可能な範囲で支援を求められることは当然ありますが。

そこで、次はグループホームの空き状況をS市のホームページで調べ、空きのある施設に電話。費用と将来生活保護になっても入所し続けることが出来るかなどを問い合わせ、いくつかのグループホームが入所可能なことがわかりました。
そこで、早速その事を友人に連絡し、早急に対応するように伝えました。

今回のような場合、私のように生活保護と介護施設の情報について一定の知識がある人間は迅速に動くことが出来ます。しかし、一般の市民がこのような状況になった時、頼れるのは基本的にはケアマネージャーしかいません。しかし、そのケアマネージャーも、経済的なことなどをすかさず判断できる方は少数のようですし、友人のご両親担当ケアマネともお話ししましたが、その方の場合は、施設の空き情報がS市のHPに出ていることについても把握されていませんでした。

ケアマネージャーには、ケアプランの作成だけでなく、福祉全般に関する知識が必要であることを改めて感じましたし、そのような力量をつけて頂けるように市としても啓発していく必要も感じました。

2014年4月7日 | カテゴリー : 介護 | 投稿者 : makoto arai