平和を守るには、外交か軍事力か。

1月24日は、年金者組合や千里地域後援会の新年会に出席しました。そこでは、7月に行われる参議院選挙の意義についてお話をしましたが、これからは、日本の平和をどうやって守っていくのかが、大きく問われてきます。
私たちの地域を歩くと、一戸建ての場合、すごく開放的で、誰かが進入しても他の家の人から見えるようなつくりの家がある一方、塀で取り囲み防犯カメラもいっぱいつけてある家もあります。
前者は、周り人を信じ、「周りの人の目こそが防犯効果になる」という発想です。そのためには、日頃から近所つきあいを大切にしておかなくてはなりません。
後者は、塀やカメラという自らの力で、防犯を行おうというもの。徹底的に物理的な力による防犯効果をめざしています。
さて、どちらの住人の方に好感が持てるでしょうか。人として信頼しようという気になるでしょうか。また、何かあった時に力になってあげようと思うでしょうか。当然前者です。
上記の場合、国で言えば、前者は、外交によって近隣諸国との信頼関係を大切にすることをめざすことにより、平和を維持する発想。
そして後者は、軍事力にものを言わせて平和を守っていこうという発想、と言えるのではないでしょうか。
家の場合、どちらが防犯効果があるのか、と聞かれればはっきりとは言えないかもしれません。国の場合も同様でしょう。
ただ、はっきりとしていることは、中東の例を見ても、軍事力による衝突は戦争となり、戦争は間違いなく悲惨な国民を多く生み出すこと。そして、テロは軍事力では絶対に防げない、ということです。
一方、多くの国々から信頼を得る国になっていけば、テロの危険は格段に低くなることは間違いありません。平和を守るために、どこに重点をおくべきかは明白です。

すばらしい読後感、「みをつくし料理帖」(高田郁著)をぜひ。

今日は、つい先日話題になった「下町ロケット」を本で読みました。ぐいぐいと引き込まれ、読後の爽快感が大変よかったですね。
本好きで出版社に勤める次女のお薦めで、最近はあまり読まなかった小説をこのところ読んでます。中でも高田郁さんの作品は、本当にすばらしい。
最初に読んだのが、第1回「Osaka Book One Project」(大阪版本屋大賞みたいなもの)の受賞作品「銀二貫」。父親を敵討ちで亡くした武士の子どもが、商人として苦労しながら成功していく物語で、大変面白く、とても感動する本でした。
そして、次ぎに読んだのが「みをつくし料理帖」(全10巻写真)。

みをつくし料理帖

澪という名の江戸時代には珍しい女料理人が、様々な苦難を乗り越えて成長していく、恋あり、人情あり、ロマンあり、のストーリーで、本当に、面白く、素晴らしい、人生について色々なことを教えられる本です。この本を読んでから、母に対する接し方を反省し、変わりました。
妻からは「話をしないで本ばっかり読んでいる」と文句を言われたくらいはまった私です。じーんとくる、胸が熱くなる感動を本に求める方は、ぜひ「みをつくし料理帖」を読んでみて下さい。

母を、卒寿の祝いに旅行に連れて行きました

12日は、庄内駅で、松下市議、地域の後援会員のみなさんと共に、早朝駅頭宣伝を行いました。統一地方選挙以来、久しぶりに教え子とも顔をあわせ元気に宣伝ができました。 その後は地区委員会に行って仕事をしました。
13日は、朝一番で母を宝塚の病院に連れて行き、午前中は千里地域で活動。午後からは母を迎えて行って、その後は家で仕事をしました。
14日は、岡町駅で、いつき市議、地域後援会のみなさんと駅頭宣伝を行いました。久しぶりにお会いする市役所職員の方々から、多いに激励して頂きました。その後は地区委員会で仕事。
15日は、午前中は地区委員会で仕事し、午後からは相談の解決のために動きました。
16日、17日は、母の卒寿の祝いに、弟と私の3人で淡路島に小旅行に行きました。
16日は、南あわじ市にある黒岩水仙郷に行きました。
水仙2水仙1
行ってみると、駐車場から水仙郷までは120メートルも歩いて登らねばならず、80歳の母が登っていけるか心配しましたが、天気がとてもよく暖かかったこともあって、母は元気で登り、水仙の香りと美しさを満喫できたようで良かったです。
それで驚いたことに、そこで豊中市の職員の方にお会いしました。
 その日は、慶の松原というところにある「ホテルけひの海」に宿泊しました。このホテルは以前妻と泊まり、とても料理がおいしかったので選びました。前回来た時は、ホテルからの夕日が見れませんでしたが、この日は美しい夕日が見れました。

夕日2

17日は朝食後にホテルを出発し、途中でお土産を買って昼過ぎに帰ってきました。

後援会の新春のつどい、で大いに盛り上がりました

1月から、駅頭早朝宣伝を再開することもあって、あらい真ニュース「なにわかわら版」を発行することにしました。6日はその作成をしました。
7,8日は、なにわかわら版の作成と、9日に行われる日本共産党豊中後援会新春のつどい、の準備をしました。
9日は、千里地域の新年互礼会に出席後、豊中後援会の新春のつどいに行きました。私の役割は司会、特に第二部のレクレーション部門の担当でした。
まず最初に、東前剛地区委員長から7月の参議院選挙勝利にむけての訴えを行った後、参議院大阪選挙区でお世話になる「わたなべ結」さん(写真下)
が訴え。

新年会1

話がとても上手になっており、候補者としておしもおされもしない存在になり、頼もしい限りでした。そして、浅野弘樹元大阪府議の発生で乾杯。しばらくの歓談後、参議院議員のたつみコータローが来て国会報告をしてくれました。
その後は第二部となりました。まずは、私が考えた「おはよう大阪」の選挙向け替え歌を、私がギターを弾いてみんなで歌いました。

新年会3
その後は、各市議会議員に事前に聞いていた「失敗談」、これに急遽たつみコータローの失敗談も加えて三択クイズをやりました。
新年会2 

三択クイズは、問題よりも答えを考えるのがみそです。ありそうで、なさそうで、そしておもしろい答え、が不可欠。そのため、事前に妻に聞いてもらって「おもしろくない」と言われたものは、さらに練り直してのぞみました。
おかげで大好評。あまりの会場の盛り上がりに、部外者の方が「楽しそうですね。何の集まりなんですか?」と聞かれたそうです。まあ、選挙の話題からは飛びすぎて、ちょっと笑い過ぎだったかもしれませんが。
新春のつどいの後は、地区委員会で若者対策会議に出席。その後、商工団体の新年会に参加して帰宅しました。
10日は地域で活動。11日は、成人式の取り組みに少し参加した後、共産党の仕事以外に今年から新たに始め出した仕事の関係で動きました。

新年活動開始! みなさん、健康に気をつけて頑張りましょう!

あっという間にお正月も終わり、新年の仕事がスタートしました。今年も元気で頑張りましょう。
3日は、こうむら市議会議員と、地域のみなさんに挨拶まわりをしました。久しぶりにお会いする方々もいて、「元気そうでなによりです」とおっしゃって頂き、大いに励まされました。
4日は、知人の会社にかかわる相談で、終日大阪市内へ。夜は、地区常任委員会に出席しました。
5日は、地区委員会で年末物資のとして扱ったお餅の精算や、新年から発行するあらい真ニュースの記事作成などを行いました。

年明け早々、イランとサウジの対立が激化しました。今、中東は、アメリカのイラク攻撃によって国家機構が崩壊したことをきっかけにISなどのテロ組織の台頭を招き、多くの国で内戦状態に陥り国民は本当に悲惨な状況です。外国による他国攻撃が、結果的にその国の国民をいかに悲惨な目に追い込むか。あらために私たちは肝に銘じなければなりません。そして、その影響がヨーロッパにも及んでいます。これに、さらに宗教対立が入り交じり、ヨーロッパと中東は混沌とした状況となってきました。

しかし、だからこそ、私たちは知恵を出し合って、理性によって解決することをさらに追求する必要があるのです。武力による攻撃は、恨みの蓄積を生みこそすれ決して平和をもたらしません。イスラエルとパレスチナの問題がそれを根強く物語っています。人類は、戦争を繰り返しながらも、平和を守る力も大きく前進させてきています。

2016年を、平和を大いに前進させる年にしていきましょう!

 

 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします

昨年は、統一地方選挙で大変お世話になり有り難うございました。なんとか、維新政治にくさびを打ち込もうと頑張りましたが、力が及びませんでした。

その後の身の振り方については大分考えましたが、多くのみなさんから激励も頂き、豊中での日本共産党府会議席を奪還すべく引き続き頑張ることにしました。現在は、日本共産党豊中地区委員会副委員長兼府政対策委員長として元気でやっています。

この1月から、次期統一地方選挙をめざして取り組みをはじめていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

元旦は、地区委員会の日直で仕事。今日は、長女達家族が箕面に来て、母、弟夫妻、そして妻、長女、次女、三女が集まり、賑やかなお正月となりました。孫の蘭ちゃんのしぐさがとてもかわく、癒やしの一日となりました。

2016年 正月 家族1

 

 

 

4月15日 ー応援して頂いた皆さん、心がほっこりする、教え子からのメールをご紹介しますー

開票翌日から、後任の市議候補「こうむら直行」さん、当選のために1分、1秒をもムダにせず毎日を過ごしています。夕食も10分程度で済ませ、夜の時間帯は府議候補だったときよりも多忙なくらいです。
たくさんの皆さんからご支持頂き、たくさんメールも頂きましたが、まだお返事で来ていない方も多数で、申し訳ない限りです。
教え子のAさんから、選挙中と選挙後にもらったメールを、本人の許可を得て掲載します。とっても元気をもらいました。読んで頂けた方も、心がほっこりされると思います。

 

「先日はお会い出来て嬉しかったです。
中3の時に大変お世話になった事と先生のお陰で高校生活を本当に楽しく過ごせた御礼が言えずにいました。
先生の言葉を胸に自己中を直す努力をして高校に入り、そのお陰で友達も沢山でき、いい友達に恵まれ最高の高校生活でした。本当にありがとうございます。
(中略)毎日仕事に追われながらも楽しく過ごしています。新居先生は私にとって尊敬しているなかの1人です。選挙、大変とはおもいますが頑張って下さい。応援しています。」

 

「選挙お疲れ様でした。残念な結果でしたが、新居先生が毎日毎日頑張っていたのを、ブログで拝見しました。こんなに一生懸命な人はそういないと思います。やっぱり私の中では改めてスゴい人だと実感しました。
実は、選挙に自分の意思で行こうと思ったのは初めてでした。時間もギリギリ19:40頃投票に行きました。先生にどうしても1票を入れたくて…(笑)
人の心を動かす先生の気持ちと努力は、本当に尊敬します。あの日偶然先生に出会えて良かった。これからもずっと応援しています。 先生も忙しく、疲れてると思うので返信はいいですよ。 このメールに目を通して頂ければそれで満足です。」

 

選挙には負けて、本当に応援してくれた方に申し訳なく、悔しい思いはとてもありますが、こんなメールをもらえてとても幸せな気持ちになれました。有り難うAさん。

4月13日 ーご支援頂いた皆さんの思いを、しっかりと受けとめて頑張りますー

今日は、千里中央駅で、府議選のお礼と千里地域の後任市議候補「こうむら直行」さんへの支持のお願いをしました。
後援会員の方をはじめ、たくさんの市民の方から「悔しい。私もいっぱい声かけたのに」と言って頂き、涙を流される方も何人もおられて、本当に申し訳ない気持ちで一杯になりました。千里では、本当にたくさんの方が手をふってくれたので、「ひょっとしたら」と思うこともありましたが、やはり、逆に堀田さんの個人票は離れていってしまったのでしょう。また、維新が相変わらず根強かったですね。

それだけに、後任候補への引き継ぎに、よりいっそう気合いが入りました。がんばるのみです。ご支援頂いたみなさんに、感謝で一杯です。

4月12日 ー残念ながら議席獲得なりませんでしたー

開票96%で、中川30000、栗原24000、八重樫24000、うるま22000、あらい18000、白岩12000でした。なかなか厳しい結果です。ご支援いただいたみなさん、本当にありがとうございました。気持ちを切り替えて、こうむら勝利に向けて全力を尽くします。

2015年4月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : makoto arai

4月11日 ー明日の投票日には、私、あらい真に一票をよろしくお願い致しますー

今日は選挙最終日、朝は桃山台駅で早朝宣伝。その後は、私自身ができる限りアナウンスもやって全地域をまわりました。
午後からは、10中時代の教え子2人と女性後援会の方が後続カーに乗ってくれ、大変元気をもらいました。
午後6時からは、市田忠義副委員長が駆けつけてくれて新千里北町と東町で応援演説をしてくれました。
ただ、最後は北町近隣センターで打ち上げをする予定でしたが、北緑丘まで行った段階で8時になってしまったので、後援会のみなさんを15分も待たしてしまったのが申し訳なかったです。終了後は、上新田橋で最後の立礼をしました。体力的にはまだまだがんばれましたが、寒くて底冷えしてきたので予定よりは早めに打ち切りました。

私としては、最後まで全力を尽くしたつもりですが、有権者の皆さんに十分に訴えが届かなかったかもしれません。もしまだ不明なところがあれば、ぜひホームページのMOVIEなどを見て頂いて、明日の投票日には、私、あらい真に一票を投じて頂けますよう、どうぞよろしくお願い致します。
なお、結果はわかり次第、ブログで記載致します。最後まで見て頂いて、本当に有り難うございました。

2015年4月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : makoto arai